慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ドラッカーの辛辣な名言をみなさんに教えたい。 | トップページ | ドラッカーがいうマネジメントの適正とはこれだ »

2010年8月31日 (火)

ドラッカーが経営管理者に求める究極の要素とは?

 ドラッカーの本を読むと、そこには経営管理者には何が必要か、いろんなことが書いてある。ドラッカーの癖は、オーストリー学派的で、「これに関する条件は3つある」とか、「これを実現する方法は4つしかない」といった形で、整理するのが非常にうまい。大抵、3が好きなようだ。

 そして、それを解説し、それを会得するようにといういろんな解説書が、ドラッカーの解説本として世間に出回る。読みやすいように、二色刷りの本だったり、マンガだったり、物語風だったりして。

 そして、それをビジネスマンは購入し、そしてドラッカーがいっていることを実践するのだろう。もしかしたら、それによって偶然昇進するかもしれない。また、上司に褒められるかもしれない。

 しかし、私はドラッカーの本を読んで思うことは、ドラッカーが経営管理者に求めることは極めて簡単だ。それは、たぶん学べない。天性のものだ。それを表す、ドラッカーの言葉をみなさんに贈りたい。

「マネジメントについていかなる専門教育を受けていようとも、経営管理者にとって決定的に重要なものは、教育やスキルではない。それは真摯さである。」

「知識や概念の教育だけでは、経営管理者は明日の課題を果たすことができない。明日の経営管理者は、仕事ができればできるほど真摯さを求められる。」

ドラッカーに関心のある人は、慶應MCC夕学プレミアム『agora』(アゴラ)で

お会いましょう。

http://www.sekigaku-agora.net/

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_kensyu2010.html

« ドラッカーの辛辣な名言をみなさんに教えたい。 | トップページ | ドラッカーがいうマネジメントの適正とはこれだ »

●ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカーが経営管理者に求める究極の要素とは?:

« ドラッカーの辛辣な名言をみなさんに教えたい。 | トップページ | ドラッカーがいうマネジメントの適正とはこれだ »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31