慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 秋の新著『企業の不条理』 | トップページ | 確率言明をめぐる二つの解釈 »

2010年8月22日 (日)

秋の朝日カルチャーでの講義2010年

 毎回、朝日カルチャーからお願いがあり、今年も、秋に3回講義を行う。私としては、もう辞めたいのだが、「あの茂木健一郎さんも昔からずっとやっていますので・・・」といわれて、今回も引き受けた。

春は、取引コスト理論だったので、秋はエージェンシー理論について説明する。しかも、コーポレート・ガバナンスを中心に説明を行いたい。

 エージェンシー理論に関心のある人、さらにエージェンシー理論によってコーポレート・ガバナンス問題がどのように分析されるのかを知りたい人は参加してください。

朝日カルチャー

http://www.asahiculture-shinjuku.com/kogakuin/koza/2010/08/0245.html

« 秋の新著『企業の不条理』 | トップページ | 確率言明をめぐる二つの解釈 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の朝日カルチャーでの講義2010年:

« 秋の新著『企業の不条理』 | トップページ | 確率言明をめぐる二つの解釈 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30