慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 国のためか、自分のためか | トップページ | 沖縄部会での問題提起 »

2010年7月13日 (火)

政治家と学者

 本当に忙しくて、ブログが書けなかった。まだまだ忙しいのだが・・・・

 さて、参議院選が終わった。民主党の惨敗だ。結果はほとんど分かっていた人も多いだろう。

 選挙中から、民主党では菅・枝野VS小沢の対立がマスコミで取り上げられた。報道には誤解もあるかもしれないが、私にはその戦いが学者と政治家の戦いに見えた。

 大衆に迎合せずに、理論的に、客観的に、論理的に議論を展開するのが学者だ。これに対して、たとえ非理論的であろうが、主観的であろうが、現実的な議論を展開するのが政治家だ。

 クラウゼヴィッツがいうように、戦争は力と力の勝負であり、論理的に戦いには際限がない。論理的にあるいは理論的には、行くところまで行くのだ。しかし、実際には、手前で戦いは終わるし、停戦となる。そこには政治的な力が働くというのだ。

 今回は、消費税の話しを唐突に言いだし、マニフェストも修正できると主張し、小沢氏を大衆迎合的と主張した菅氏・枝野氏は政治家ではなく、私には学者に見えた。これに対して、マニフェストの実行にこだわった小沢氏は政治家に見えた。

 やはり、選挙中は政治家は学者というよりも政治家でなければ、選挙は勝てないのだろう。選挙が終われば学者的でも良かったのに・・・・

« 国のためか、自分のためか | トップページ | 沖縄部会での問題提起 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治家と学者:

« 国のためか、自分のためか | トップページ | 沖縄部会での問題提起 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31