慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 『戦略の不条理』と『戦略学』の関係について | トップページ | 免許の更新 »

2010年6月13日 (日)

ポスドク

 博士を取ったが、職がないという以下の記事。

http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/blog-200905121503/1.htm

 いま、博士号をもっているが、職がないという不条理が起こっているというわけだ。理科系の状況はわからないが、文科系の状況は不条理な状況とはいえないように思う。

 私の推測では、ある意味で、あたりまえなのだ。能力がないからだ、といいたいときもある。

 むしろ、いまは博士号のインフレ時代、博士号の出し過ぎの時代なのだ。おそらく、きちっとした論文も書けないのに、博士号を取得している学生が多いのではないだろうか?(本当のところはわからないが・・・・)基準は甘くなっていることは間違いない。

 文部科学省が大学院重点政策を展開し、いつもの通り、補助金を求めて、たくさんの大学が博士課程を設置した。およそ博士などだせないようなレベルの大学でも。ロースクールと同じだ。

 しかし、いったん博士課程を設置すると、今度は実績が問われる。だから、どこの大学でも無理やりに博士号をだそうとする。こうして、博士号のインフレが起こる。

 今後、どうなるのだろうか?大学院の未来は暗いなあ~。

« 『戦略の不条理』と『戦略学』の関係について | トップページ | 免許の更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポスドク:

« 『戦略の不条理』と『戦略学』の関係について | トップページ | 免許の更新 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31