慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 結婚をめぐる制度分析 | トップページ | 国のためか、自分のためか »

2010年6月24日 (木)

間接アプローチとしてのスポーツ振興

 日本政府は、もう少しスポーツ振興に力をいれてもいいかもしれない。

 経済政策をめぐる直接アプローチだけではなく、スポーツ政策は経済政策の間接アプローチになるかもしれない。

 みんな元気になるのだ。ワールドカップで日本代表が1勝しただけでも、雰囲気はがらりと変わった。そう思うのは、おそらく私だけではないように思う。一般人だけではなく、テレビもマスコミもみんな変わった。

 元気になった。その活力こそが経済を活性化するのだ。逆に、いまのフランスは大変だ。以下の記事は悲惨だ。

http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100624/scr1006241004052-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100624/scr1006240721021-n1.htm

« 結婚をめぐる制度分析 | トップページ | 国のためか、自分のためか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間接アプローチとしてのスポーツ振興:

« 結婚をめぐる制度分析 | トップページ | 国のためか、自分のためか »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31