慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 講演『なぜ組織は不祥事に導かれるかー組織の不条理』 | トップページ | 松下幸之助の言葉 危険な人 »

2010年5月30日 (日)

日常の楽しみ

 私には、日常の楽しみというものはほとんどない。酒がそれほど好きでもないし、散歩が好きでもない。映画もそれほどみるほうでもない。

 そんな私だが、最近は、毎日、家内に昼の韓国ドラマを録画してもらい、帰宅後、夜中にそれをひとりで見ることを楽しみにしている。このブログでも何度も書いたが韓国のドラマは面白い。良くできている。最近は、「春のワルツ」、「アイリス」、「ラスト・・」などを見て感動している。

 ストーリーも面白いし、俳優もいい。男優もカッコいいし、女優も美人でかわいい。こういった韓国ドラマを見ていると、日本は何か見失ったのではないかと思うことがある。

 実は、1970年代の日本は韓国と似ていた。アイドル時代だ。いまでも、ユーチュブでみると、かわいいスターが多い。しかし、日本はとことん外見を追求していったのだ。そして、やがてその反動がくる。実力主義という名のもとに、アイドルの時代は終わった。

 外見が悪くても歌がうまい人、外見が悪くても・・・すぐれている人、外見が悪くても・・・がすごい人の時代がやってきた。

 私は欲張りなので、実力がありかつ外見もいい人が好きなのだ。実力があり、外見のいい人のドラマを見たい。外見が良いこともある意味で才能なのだ。それは否定してはならない。さらに、見えないが、性格よければもっといい。それも実力だ。

 実力も多元的だ。実力の一元主義に基づく日本のドラマは、つまらない。韓国のドラマの方がはるかに面白いし、一歩上をいっていると思う。普通の人間が到底近づけないほど、多元的に実力を追求してほしい。

 この観点からして、「龍馬伝」はかなりいいのだが、武田鉄也には申し訳ないが、勝海舟は渡哲也だったらもっと良かった。

 

« 講演『なぜ組織は不祥事に導かれるかー組織の不条理』 | トップページ | 松下幸之助の言葉 危険な人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常の楽しみ:

« 講演『なぜ組織は不祥事に導かれるかー組織の不条理』 | トップページ | 松下幸之助の言葉 危険な人 »