慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ポパーの世界3の自律性と怖さ、そして怒り | トップページ | 講演、カント、ドラッカー »

2010年5月17日 (月)

ハーバード大学の白熱教室

 最近、いろんな人と会うと、必ずハーバード大学の白熱教室を見ていますか?と問われる。実は、見ていなかったのだ。

 最初は、慶応丸の内キャンパスの城取さんからその話を聞いた。その後、出版社の方や、この間はある協会の方から、そして今日は学生からも聞いた。

 その講義スタイルも学ぶべきだが、やはり内容が面白い。カント哲学だ。そして、ハーバード大教授のロールスの正義論へと展開されて行くようだ。

 この講義は、秋の慶応丸の内キャンパスで行う私の「ドラッカー」の講座にぜひ活かしたい。私は、最終的に、カントが生きていたならば、ドラッカーの学説をどう見たかについて語りたのだ。功利主義ではだめなのだ。

  「カントなら、こういうだろう。・・・・・・・・・・」

 私には、カントの哲学とドッラカーの経営哲学が重なって見える。

 関心のある人は、ぜひ秋の「アゴラ」の講座に参加してください。

http://www.sekigaku-agora.net/index.html

« ポパーの世界3の自律性と怖さ、そして怒り | トップページ | 講演、カント、ドラッカー »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

ハーバード白熱教室、毎回ではないのですが、見ております。
ミルとカントの間の議論などは非常に興味深いと思いました。
ですが、なかなか理解できたとは言えないところです。
ハーバードの大学生は理解してしまうのでしょうか。恐ろしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーバード大学の白熱教室:

« ポパーの世界3の自律性と怖さ、そして怒り | トップページ | 講演、カント、ドラッカー »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30