慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 天下りの塔 | トップページ | 昨日の朝日カルチャーでの講義 »

2010年4月20日 (火)

朝日カルチャーセンターでの菊澤の講義

(すみません。講座の日程が間違っていました。修正しました。すべて木曜日です。4月22、5月6日、5月20日です。)

今週の木曜日から3回にわたって、新宿駅前の工学院大学の校舎で、朝日カルチャーセンターの講義をします。朝日カルチャーでこのような講座があるのか?と疑問をもつ方も多いのですが、たまたま私の知り合いの方が朝日カルチャーにいて、その関係でこのような講座を開設しています。

今回の内容は、昨年、ノーベル経済学賞を受賞したオリバー・ウイリアムソンの取引コスト理論についてです。

(1)1回目は取引コスト理論の基本的説明と組織の不条理現象の発生のメカニズムについて説明します。

(2)2回目は組織のデザインと取引コストの関係について説明します。

(3)3回目は組織の戦略と取引コストの関係について説明します。

ノーベル経済学賞を受賞した理論というのはどんなものなのか。まったく数学的知識は必要ありません。料金も安いですし、当日突然参加されてもOKです。交渉すれば、1回だけでも、2回だけでもOKだと思います。関心のある人はぜひ参加してみてください。

-----------------------------------------------

ーベル経済学賞理論で学ぶ戦略と組織

■工学院大学・朝日カレッジ 

 

慶應義塾大学教授  菊澤 研宗

<講座の内容>

この講座では、昨年、ノーベル経済学賞を受賞したオリバー・E・ウリアムソン教授の取引コスト理論について、やさしく説明したいと思います。

取引コスト理論は、数学などを使わない、やさしくかつ応用範囲の広い理論です。一見、非合理的に見える企業内の人間行動も実は合理的になされていることを説明する理論でもあります。

この講座では、この取引コスト理論を用いて企業組織や企業戦略に関わる様々な現象などについて、わかりやすくお話してみたいと思います。特に、この理論を応用すれば、普段、不思議に思っている上司と部下の関係も理解しやすくなります。関心のある人は、ぜひこの取引コスト理論を学んでいただきたいと思います。(講師記)

<講師紹介> 

慶応義塾大学商学部教授 経営哲学学会会長、専門は経営学、主な著書『戦略の不条理』光文社新書2009年。『組織は合理的に失敗する』日経ビジネス人文庫2009年、『戦略学』ダイヤモンド社2008年、『組織の経済学入門』有斐閣2006年など。

日時  全3回 4/22、5/6、20  木曜 18:30~20:00

場所  工学院大学新宿キャンパス中層棟4階 ※裏面参照

受講料  一般 7,500円 (税込み・入会不要)

<お申し込み・お問い合わせ>

朝日カルチャーセンター 工学院大学・朝日カレッジ

1630204新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル内 私書箱22

■電話 0333441969(日曜祝日除く10:3018:00

■インターネット  http://www.asahiculture.com

菊澤研宗(きくざわ・けんしゅう)

« 天下りの塔 | トップページ | 昨日の朝日カルチャーでの講義 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。朝日カルチャーの予約をした者です。
ひとつ質問させていただければと思います。

朝日カルチャーセンターから「ご予約・ご継続承り書」という
封筒が郵送されてきました。
それによると、講座の日程は「4月22日、5月6日、20日」となっています。
そのズレに関して、確認させていただければと思います。
よろしくお願いします。

菊澤です。
メールありがとうございます。
大変失礼しました。ブログの方の日程が誤りでした。
4月22日、5月6日、4月20日すべて木曜日が正しい日程です。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日カルチャーセンターでの菊澤の講義:

« 天下りの塔 | トップページ | 昨日の朝日カルチャーでの講義 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30