慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 新学期スタートと驚き | トップページ | 朝日カルチャーセンターでの菊澤の講義 »

2010年4月15日 (木)

天下りの塔

 バベルの塔ではなく、天下りの塔と言われているビルがある。農林水産省所管の26公益法人が入居し、その一つの財団法人が所有・管理するビルらしい。すごい塔だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000001-maip-soci

 天下りの法人は、大抵、簡単な雑誌を作っており、ときどき私のところにもインタヴューにくることもある。メールで「***省関係の雑誌ですが・・・・・・・」という形で来るので、こちらも元官僚の人がくるのだろうと思ってOKを出す。

 ところが、やってくるのはその雑誌を請け負った下請けの会社の人たちだ。すべて丸投げだ。結局、天下った役人は雑誌に役員として名前を載せているだけで、何もしていないのだ。これはすごいシステムだと思った。

 そのような類の財団法人はたくさんあるのだと思う。とくに、雑誌を発行している法人は怪しい。それだけでたくさんお金を使っているのだろう。

 徹底的に仕分けをして無駄を排除してほしいものだ。

« 新学期スタートと驚き | トップページ | 朝日カルチャーセンターでの菊澤の講義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天下りの塔:

« 新学期スタートと驚き | トップページ | 朝日カルチャーセンターでの菊澤の講義 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31