慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 春の京都 | トップページ | 国立大学の格付け »

2010年3月29日 (月)

龍馬伝

 NHKの龍馬伝を見ているが、おもしろい。しかし、見ている最中に、ふと頭をよぎるのは、福山雅治の龍馬がカッコよすぎて、本当はこんなカッコよくないんだけどなあ~と思ってしまう。そして、ついでに龍馬って、何が偉かったかなあ~と思ってしまう。坂本竜馬の本も30年も前に読んだので、もう忘れてしまった。

 これに対して、三菱グループから、岩崎弥太郎が汚すぎるというクレームが来ているようだが、私個人も少しやりすぎかなあという感じがする。(いまは多少よくなったが)また、意図的に全体が茶色のセピア色で画面を取っているようだが、個人的にはすっきりした映像にしてほしい。

 そんなところよりも、登場人物の顔、表情と心理的側面と精神的な側面との相互作用関係をみたいのだ。そこがドラマの面白さだ。前にも書いたが、そういった相互作用をいやというほど見せてくれるのが、韓国ドラマだ。とくに、華麗なる遺産では、それが多いので、とても面白い。

 吉田東洋は、非常に迫力があって、とてもいい演技だと思う。何か惹かれる。今回で、死んでしまって残念。

 これから、龍馬は勝海舟と会うのだろうと思うが、楽しみだ。

« 春の京都 | トップページ | 国立大学の格付け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝:

« 春の京都 | トップページ | 国立大学の格付け »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31