慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 日本の間接アプローチ戦略の勝利 | トップページ | 韓国ドラマの魅力 »

2010年3月20日 (土)

医療崩壊問題

 先日、医療問題について講演する機会があった。とにかく、この医療問題は奥が深く、また錯綜しており、複雑な世界だ。問題もたくさんあり、短時間ではとても解決ができない。そして、また、問題も分かりにくい。

 さらに、経済・経営分野の研究者からみると、この分野はマイナーなイメージの分野なので、多くの研究者はこの分野を研究しようとしない。こういうと、おかしな感じがするかもしれない。こんな重要な分野を、と。

 しかし、研究のメインストリームを進む研究者は大抵王道を通って行くものだ。その方が後に応用も利くのだ。最初から、特定の分野に行くのは、ある意味で、最初から負けを認めた学者という印象もあるのだ。

 ともかく、われわれとしては国民の医療の安全性を維持し確保するためにも、つねに医療問題に注目してゆく必要はあるだろう。しかし、勤務医、外科、緊急医療関係などの待遇に関して、大ざっぱな経済政策ではなく、きめ細やかな経営学的な政策・戦略が必要かもしれない。

 しかし、このような経済・経営的に政策には必ず、政治的な反作用が起こるものだ。だから難しいのだ。

 同じような分野として、教育問題がある。この問題も、医療問題と同じように深刻だ。

 

« 日本の間接アプローチ戦略の勝利 | トップページ | 韓国ドラマの魅力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療崩壊問題:

« 日本の間接アプローチ戦略の勝利 | トップページ | 韓国ドラマの魅力 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31