慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 今年のテーマはドラッカー | トップページ | 日本の間接アプローチ戦略の勝利 »

2010年3月14日 (日)

昨日の経営哲学学会とその後の予定

 昨日の経営哲学学会は大成功だった。と個人的には思っている。60名の参加者があり、熱い議論が展開された。

 報告者を慎重に選び、お願いし、調整するのに、本当に苦労したが、その苦労が報われた。とても良い学会であったと思う。

 また、今回、手伝ってくれた大学院生や関係者には大変感謝している。

 さらに、私のブログをみて参加してくれた方々にも大変感謝している。十分に対応できず、とても申し訳なく思っております。これに限らず、今後も参加していただければ幸いです。

 しかし、これで私の仕事が終わって、休めるわけではない。

●火曜日には、拙著『戦略の不条理』に関連した講義をCD化し、録音することが決定しており、その原稿を完成させる必要がある。

●また、水曜日には、東京大学医科学研究所で「医療崩壊について新制度派経済学で分析したお話」を講演することになっている。

●さらに、木曜日は、中部産業連盟の方と会う予定である。

●そして、奈良工業会の依頼で、「組織は合理的に失敗する」について講演も予定している。

●さらに、朝日カルチャー・センターでも、ヴィリアムソンの取引コスト理論を中心に「組織の経済学」を講義する予定ですので、関心のある人はぜひ参加していただけるとありがたいと思います。

http://www.asahiculture-shinjuku.com/kogakuin/koza/2010/02/4255.html

 かなり疲れているが、なんとか頑張りたい。

« 今年のテーマはドラッカー | トップページ | 日本の間接アプローチ戦略の勝利 »

10)経営哲学学会」カテゴリの記事

コメント

菊澤教授
拝復、毎々格別のお引き立てに預かり、
有難く御礼申し上げます。
お世話様でございます。
大変、ありがとうございました。
今後とも、何卒、宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の経営哲学学会とその後の予定:

« 今年のテーマはドラッカー | トップページ | 日本の間接アプローチ戦略の勝利 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30