慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 拙著『組織の不条理』について | トップページ | 魅力的な人とは »

2010年3月 4日 (木)

FREEの時代

マックが好調だ。タダの時代。まさに「FREE」の時代だ

好調の原因は、一方で「おいしい無料コーヒー」を提供し、他方でニューヨークバーガーなどの高価な商品も販売するという両面戦略だということらしい。

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/aera-20100304-01/1.htm

しかし、FREEというのはなにもないということではないだろう。「タダほど高いものはない」という言葉があるように、それは目に見える物理的世界ではタダなのだが、別の世界では何かが実在していると考えていいだろう。

 私が主張しているキュービック・グランド・ストラテジー(立体的大戦略)でいえば、物理的世界ではタダだということであり、それが人間の心理的世界や知性的世界へ影響を与え、そして再び逆に知性的世界から心理的世界へ、そして物理的世界で高価な製品を購入するという非常に良い相互作用を生み出しているのだろう。

物理的世界(タダ)→心理的世界→知性的世界→心理的世界→物理的世界(高価なバーガー)・・・・・・・・・・ FREEについてはもう少し分析する必要がある

 フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

« 拙著『組織の不条理』について | トップページ | 魅力的な人とは »

11)戦略学(CGS)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FREEの時代:

« 拙著『組織の不条理』について | トップページ | 魅力的な人とは »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31