慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 浅田真央とキムヨナを戦略論的(CGS)にみる | トップページ | 拙著『組織の不条理』について »

2010年3月 1日 (月)

オリンピック選手と企業、国家、CSR

 今回のオリンピックでは、いろんな場面をみることができて、面白かった。その中でも、オリンピック選手と企業の関係が面白い。これは皮肉をこめてだ。

 普段、大企業はうちは企業の社会的責任活動をこれだけ行っていると豪語する。あのCSRだ。私は、CSR活動というのは、金儲けとは一線をおく活動だと思っている。そんなことを多くの人にむかって語るものでもない。

 今回、メダルを取った選手を支援した企業は必ずしも有名な企業ではない。みんな、自分たちの身を削って支援したのだ。だから、社長もビジネスの成功とは別の喜びをえただろう。救われたと思う。ビジネスで成功しても泣かないが、今回は泣けてきただろう。私は、こういった活動をCSRと呼びたい。

« 浅田真央とキムヨナを戦略論的(CGS)にみる | トップページ | 拙著『組織の不条理』について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック選手と企業、国家、CSR:

« 浅田真央とキムヨナを戦略論的(CGS)にみる | トップページ | 拙著『組織の不条理』について »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31