慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 新しい本の編著 | トップページ | 春の京都 »

2010年3月27日 (土)

菊澤ゼミ第5期生のゼミのテーマは国際比較経営で

 菊澤ゼミ5期生のゼミのテーマは、国際比較経営で行こうかと思っている。実は、私は慶大にもどってくるまでは、防衛大でも中央大でもそして横浜国大でも、国際比較経営論を専門としていたのだ。もちろん、国際比較経営論の講義もできる。

 私は、もととも学部や大学院ではドイツ経営学を研究しており、その後、アメリカ経営学の研究に移行したために、日米独の比較経営ができるのだ。ただし、単純な比較研究ではない。新制度派経済学、組織の経済学にもとづく、比較経営論だ。

 今年は、英語が得意な学生が多く入ってきたので、国際比較経営をテーマにゼミをしようかと思っている。これまでも、事例は日米独経営の比較が多かったのだが、今年は、意識して、日米独比較経営、日米独比較コーポレート・ガバナンスに取り組んでみたい。

 ドイツ年の記念会議で報告したパワーポイントを紹介したい。ドイツのある先生が私の報告に関心をもってくれた。報告後も、話にきてくれたのだが、私も疲れて適当にあいさつして終わった。

 その人がまさかドイツ・コーポレート・ガバナンス規範(コーデックス)作成者の中心人物であるヴェルダー先生だったとはあとで気がついてびっくりした。もっと話をしておけばよかった。(写真の人。後ろにいるおじいさんは、アルバッハ先生でドイツ経営経営経済学会で一番偉い人かもしれない。このときも、横にいる人があのヴェルダーさんだとは、知らなかった。無知は怖いなあ~)

「kk.ppt」をダウンロード

Cimg0794_3

ヴェルダー教授については、

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC+%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%A6%8F%E7%AF%84

« 新しい本の編著 | トップページ | 春の京都 »

7)慶大菊澤ゼミナール情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊澤ゼミ第5期生のゼミのテーマは国際比較経営で:

« 新しい本の編著 | トップページ | 春の京都 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30