慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 失敗から学ぶことは難しい | トップページ | キリンとサントリーの統合失敗の分析:戦略の不条理 »

2010年2月 9日 (火)

試験の採点

 ブログが書けないのは、期末試験の採点をしているからだ。とにかく、忙しい。採点をしているとわかるのだが、進化論をふと思い出すことがある。やはり、多様性は重要だ。

 あるクラスは、だれか一人のノートか資料がコピーとして出回ったようだ。多様性がないので、みんな同じを間違いをしてしまい、結局、絶滅状態となる。評価がCやDだらけだ。クラス全員がインフルエンザにかかってしまっているという印象だ。

 ところが、コピーが出回ってないクラスもある。こちらは、解答に多様性があり、絶滅しない。むしろ、A評価が非常に多いのだ。まさに、進化論のせかいだ。

★★

最近、このブログページを見ている人(学生)が多いようだが、とくに心配しなくてもいいと思います。全体として例年通りです。

 

« 失敗から学ぶことは難しい | トップページ | キリンとサントリーの統合失敗の分析:戦略の不条理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試験の採点:

« 失敗から学ぶことは難しい | トップページ | キリンとサントリーの統合失敗の分析:戦略の不条理 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31