慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ドラッカーと経営学 | トップページ | ここ数日、本当に忙しくて »

2010年1月 8日 (金)

学会でのハプニング

 昨年9月の経営学会でのことだ。話はすべて事実である。

 学会発表には、基本的に二つの形式がある。(1)一つは大教室で学会参加者を対象として発表する統一論題報告(聴衆は参加者全員)と(2)各個別の教室に分かれて発表する自由論題報告(関心のある人だけが参加)がある。

 今回、私は、(1)の統一論題の報告者3人の報告に対するコメンテータの一人として登壇した。3人の報告と2名のコメントが終わると、報告者とコメンテータが壇上に並んで座り、会場の先生方と質疑応答を行う。

 私もコメンテータの一人として壇上に座って質疑を待った。

 司会者のS先生が、「質疑応答に入る前に、質問する場合には必ずまず自分の所属を述べ、誰に質問したいのかを述べてから質問してください」と注意した。

 まず一人目の先生が手を挙げ、司会者に言われた通り、自分の所属大学と誰に質問したいのかを述べて、質問した。対象は、私ではなかった。

 次に、T先生が手を挙げた。もちろん、私はT先生のことをよく知っている。T先生はすぐに質問に入ろうとしたところ、すかさず司会者のS先生が「だれですか。名前と所属を言ってください」と注意した。(もちろん、S先生はT先生が誰だか知っている)

 T先生はあわてて「**大学のTです」といって、またすぐに質問に入ろうとした。

 しかし、司会のS先生は、見逃さずさらに厳しく「誰に対する質問ですか!言ってください」と問い詰めた。

 T先生はあわてて「後でいうから、少し待ってくれないか?」と言いながら、だらだらと質問を続けた。その質問の中身は分かりにくい内容だっがが、なんとなく私(菊澤)に質問したいのではないかと、私は直感した。

 そこへ、司会のS先生はさらにT先生を追い詰め、「だから誰に質問したいのですか!」と少々怒り気味にT先生に問い詰めた。

 T先生は「あと、あとで言うから、もう少し待ってくれ」とドモリナガラ、だらだらと質問をづづけた。

 さらに、司会のS先生はT先生を追い詰め、「結局、だれに質問したいのかいってください」と質問を制止しようとした。

 追い詰められたT先生は、ついに質問相手を言わなければならなくなった。私は、たぶんT先生は私(菊澤)に質問したいのだろうなと、心の準備をした。

 そして、次の瞬間、T先生が質問相手の名前をいった。

 「た、た、た、タンザワ(丹沢)さん」(それは、私の先輩の名前ではないか!壇上にはいないぞ!by菊澤の心の声)

 そして、瞬時に司会のS先生が、「そんな人はここにはいません!」といって終わった。  私も、意地悪くたぶん私を指名したいんだろうと思いつつも、わざと知らん顔をした。

 その瞬間、会場の先生方によってT先生はボケた老人と認識され、会場から笑いが起こった。

 私は、T先生に何が起こったのか、すぐにT先生の心理プロセス分析をした。

T先生はおそらく私(菊澤)と丹沢さんを間違えたのだろう。私の名前を思い出すことなく、いつものように安易に手を挙げてしまった。そして、質問しながら、私の名前を思い出そうしていたんだろう。しかし、結局、話しながら、私の名前を思い出せず、司会のS先生に追いこまれた。そして、追いこまれて、とうとう別の先生の名前をいってしまったんだろう。これだ。間違いない!

 その日、夜あった懇親会でも、この話で盛り上がった。とくに、若い学者は喜んでいた。

 後で、司会のS先生と会ったとき、「本当は菊澤さんに質問したかったんだろうが、名前を間違えるなんて!**な人だ」と呆れていたのは、おもしろかった。学会はおもしろい。

 

« ドラッカーと経営学 | トップページ | ここ数日、本当に忙しくて »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学会でのハプニング:

« ドラッカーと経営学 | トップページ | ここ数日、本当に忙しくて »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30