慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 慶応MCC「アゴラ」資本主義と自由最後 | トップページ | 慶応MCCでのアゴラ講座の終了 »

2009年12月17日 (木)

日本企業の奇妙な就職慣行

 一時、マスコミなどを通して、転職ブームだといわれていた時期があった。このブームに乗って、勢いで会社を辞めた人もいるだろう。しかし、日本はいまだに転職が盛んな国ではない。もちろん、中小企業の転職率は高いかもしれないが、大企業に関しては転職率は低い。

 だから、大学生はだまされてはいけないのだ。日本ではいまだ転職は難しいのだ。それは、大学生が就職活動をして初めてわかるのだ。

 もし満足いく就職活動ができなかったら、日本では大学を卒業してはならないのだ。というのも、卒業してしまうと、もう新卒採用ではなくなるのだ。卒業をしてしまうと、日本では中途採用となるのだ。そして、中途採用をしている大企業は非常にすくないのだ。

 したがって、もし満足のいく会社に行けない場合には、日本ではあくまでも留年すべきであって、卒業すると、中途採用になってしまい、選択の幅が狭くなるのだ。

 このことを学生は十分理解しているので、最近、大学では意図的な留年が流行っているのだ。このようなばかげた現象がなぜ起こるか。

 答えは、簡単だ。日本では、中途採用は流行っていない。つまり、転職など流行っていないし、まったく一般的ではないということだ。

« 慶応MCC「アゴラ」資本主義と自由最後 | トップページ | 慶応MCCでのアゴラ講座の終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本企業の奇妙な就職慣行:

« 慶応MCC「アゴラ」資本主義と自由最後 | トップページ | 慶応MCCでのアゴラ講座の終了 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31