慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 東洋経済オンラインで『戦略の不条理』の書評 | トップページ | 民主党の不条理 »

2009年12月 4日 (金)

取引コスト、心理的コスト、物理的コストの関係

 拙著『戦略の不条理』では、ポパーの多元論的世界観にもとづいて議論を展開している。いま、三つの世界に対応するコストについて考えてみよう。

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書 426)

(世界1)物理的世界=物的金銭的資産の増減、会計的損益

(世界2)心理的世界=心理的なコスト・ベネフィット

(世界3)知性的世界=取引コスト

ここで、世界1,2,3には階層があることに注意する必要がある。世界3が最も高次で、世界1が低次の世界である。つまり、世界3が存在しているときには、すでに世界2と世界1は存在しているのである。逆にいえば、世界1があるからといって世界2や世界3が存在しているとはかぎらないのだ。

この階層性を理解すると、われわれ人間が、なぜ「取引コストの増減」を気にするのかが理解できる。つまり、世界3の住民である取引コストの変化は世界3の変化にとどまらないからだ。つまり、取引コストの変化はより低次の世界2の心理的なコスト・べンフィットに影響し、さらに低次の世界1の会計上の損益にも影響するのだ。

しかし、世界1の会計上の損益は必ずしもより高次の世界2の心理的コストベネフィットに影響する保証はないし、さらに高次の世界3の取引コストに影響する保証もないのだ。

以上のことから、より高次の世界の取引コストの変化は、われわれ人間にとっては非常に負担の大きなことだといえる。それは、より低次の世界2と世界1の変化を起こす可能性があるのだ。

●取引コスト↑→心理コスト↑→物的金銭的コスト↑(必然)

●心理的コスト↑→物的金銭的コスト↑(必然)

×物的金銭的コスト↑・・・・×・・・・・心理的コスト?(必ずしも必然的ではない。可能だが)

×心理的コスト↑・・・・・×・・・・・・・取引コスト?(必ずしも必然的ではない。可能だが)

●小林秀雄風にいえば、

モーツアルトの音楽自体に悲しい旋律がある(世界3)

           ↓

心理的な悲しみがあったのでは?(世界2)

           ↓

悲しい物理的出来事があったのでは?(世界3)

× 以下は必ずしもない。

 心理的な悲しみがあった(世界2)

          ↓

悲しい音楽が生まれた(世界3)場合もあるし、

生まれずに終わった場合もある(世界2で終わり)

以上のことを科学哲学的にいえば、

科学的知識発見の論理はないということです。創造的知識発見にいたる論理(ロジック)はない。何でもいい。偶然でもいい。ひらめきでもいい。ということです。         

« 東洋経済オンラインで『戦略の不条理』の書評 | トップページ | 民主党の不条理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取引コスト、心理的コスト、物理的コストの関係:

« 東洋経済オンラインで『戦略の不条理』の書評 | トップページ | 民主党の不条理 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31