慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« なぜ昔の大学では哲学が重視されたのか。 | トップページ | クリスマスに贈る学者の話 »

2009年12月24日 (木)

肉食男子渋沢栄一と草食男子福澤諭吉

 渋沢栄一は、近代日本のビジネスの思想的哲学的な出発点となる人物である。西洋的なビジネス志向の福澤諭吉と対比され、論語をビジネスの基礎として実践したビジネスマンとして、非常に有名な人物である。

 しかし、由井先生によると、渋沢には女性問題が絶えなかったという。何度も、いまでいう週刊誌の記者たちにスクープされ、叩かれたのだ。

 当時、口では、論語、論語、といっているが、実際にはまったく道徳的ではないのではないかと批判された。

 しかし、このような批判に対して、渋沢はとてもウイットにあふれた回答をしている。それは、こうだ。

   「論語には、女性のことについてひとことも書かれていない。何が問題なのか!」

 渋沢栄一はおもしろい。これに対して、福澤には女性問題はなかったようだ。現在でいえば、渋沢は肉食男子で、福澤は草食男子だったのだろう。

« なぜ昔の大学では哲学が重視されたのか。 | トップページ | クリスマスに贈る学者の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

渋沢翁と福沢翁を肉食・草食との比喩は面白いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉食男子渋沢栄一と草食男子福澤諭吉:

« なぜ昔の大学では哲学が重視されたのか。 | トップページ | クリスマスに贈る学者の話 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31