慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ダイヤモンド社『歴学』でウェーバーを | トップページ | 不条理な事例 »

2009年12月14日 (月)

ドグマ的反証主義について(科学哲学講座)

 拙著『戦略の不条理』、『組織は合理的に失敗する』、『戦略学』で、K・R・ポパーのことを紹介しているので、ほんのわずかな影響だが、ポパーに関心をももつ人もでてきた。

 菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書 426)菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

しかし、ポパー、そして科学の哲学は注意深く接近する必要がある。重箱のすみを突っつくような議論が多いからだ。

 まず、もっとも重要なのは、経験科学的な真理の定義から始まる。ポパーは、タルスキーによる定義に依存している。

●真理=言明と実在が一致したとき、その言明は真理である。

 これが経験科学者が意識すべき真理だという。しかし、このような真なる言明をわれわれは人間は獲得できない。だから、経験科学の目的は真理の獲得ではないということになる。なぜか。

●証明

ある言明を真理だというためには、その言明が実在と一致したことを証明する必要がある。そして、その証明には言明が必要となり、当然、その言明の真理も確定する必要がある。しかし、その言明の真理性を確定するにはまた言明が必要となり、この正当化のプロセスは無限に後退してゆくだけとなる。したがって、論理的に言明の真理を確定できないのだ。最後は、ドグマ的か、暴力か、・・・・かとなる。

ここから、科学の目的を真理の獲得だとすることはできない、とうのがポパーの考えである。

●ドグマ的正当化主義、ドグマ的反証主義

 以上のことを理解すると、自分が見つけた事実だけが硬い真理だとして、自分の理論を正当化することはできないのだ。それは、ドグマ的正当化主義者であり、そんな硬い事実はないのだ。それはいまのところ、問題がないだけという程度で、それが真理である保証は一つもない。それにもかかわらず、逆にその事実を真理だとして、他の理論を反証しようとするのは、ドグマ的反証主義者であり、ポパーもその弟子(後に敵)ラカトシュもそれは自分たちの立場と異なることを強調する。歴史を研究している人は、自分が発見した歴史的事実を真理だと思って、それを振り回したがる傾向があるので、とくに要注意だ。それもまたいまのところ問題がない程度の事実なのだ。

●方法論的反証主義、素朴な反証主義

 ポパーやラカトシュは、どんな歴史的事実や観察データーも真理ではなく、いまのところ問題がないという程度で受け入れ、もし問題があれはいつでもそれを修正するという形で、批判的な議論を行い、真理の獲得ではなく、少しでも真理に接近しようという立場なのである。彼らは、自分たちを方法論的反証主義者、あるいは素朴な反証主義者という。

●洗練された反証主義

では、洗練された反証主義というもはあるのか。あるのだ。これはラカトシュが提案しのだが、理論のない観察などないというのが理論負荷性のテーゼだ。このテーゼが正しいならば、独立した観察などないのだ。必ずその観察言明の背後には別の理論があるのだ。したがって、理論と反証事例という対立は実は、理論と理論の対決なのだという立場である。

いずれにせよ、われわれ人間は真理など獲得できないのだ。正確にいえば、獲得しているかもしれないが、そのことを証明できないのだ。したがって、固い真なる事実やデータなどを振り回してはいけないのだ。科学の目的は真理の獲得だとすると、勘違いした傲慢なドグマ的人間がでてくるのだ。そんな勘違いした人がでないように、ポパーは批判的議論を通して真理へ接近することが「科学の目的」だとしたのだ。

●科学の目的=真理への接近

ポパーについて理解できたでしょうか?以上、本日の科学哲学講座はこれで終わり。あ~疲れる議論だ。こういう議論は若いときにしておくべきだ。

ところで、Fugimotoさんは以上の文章の意味と意図はわかりますよね。

« ダイヤモンド社『歴学』でウェーバーを | トップページ | 不条理な事例 »

11)ポパーとカントの哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドグマ的反証主義について(科学哲学講座):

« ダイヤモンド社『歴学』でウェーバーを | トップページ | 不条理な事例 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31