慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 日本企業の奇妙な就職慣行 | トップページ | 渋沢栄一の経営哲学 »

2009年12月18日 (金)

慶応MCCでのアゴラ講座の終了

 昨日で、慶応MCCのアゴラ講座が終了した。長いようで、短い期間だった。しかし、とても充実した内容だったように思える。

 また、参加されたメンバーのレベルが高く、その点も良かった。みなさん、しっかりとした意識で参加されており、何かそういった組織文化が形成されていったように思えた。

 お呼びしたゲストもよかった。ハイエクの中山先生はとても明快な説明でよかった。また、田口先生の中国思想もよかった。独特の雰囲気で説明された。そして、本日の由井先生の講演も博識で良かった。

 多種多様の内容で、バラバラにも思えたが、なんとなくまとまっていたようにも思う。まさに、アゴラの狙い通り、哲学、歴史、思想といった教養とビジネスの接点が生まれたようにも思う。

 私にとっても大変貴重な体験となった。

 これで年内の仕事は、書評原稿の提出と学会の会報の発送だけとなった。来年は、北海学園大学で「NPMと新制度派経済学」というテーマで講演を行う。

 さらに、来年はドラッカーについて書く予定である。ドラッカーは、学会では民間受けするような少し軽い経営t系な議論をする人とみなされ、いまの若い学者にはそれほど人気はない。これに対して、実務界では役に立つマネジメントを作った人として人気がる。

 しかし、私はドラッカーはいずれも反対だと思う。

 ドラッカーは、若い学者が思っている以上にアカデミックであり、実務家が思っているほど、いわゆる役に立つあるいは儲かる経営論を展開していないのだ。

 ドラッカー論についてはまた別の機会に

 

« 日本企業の奇妙な就職慣行 | トップページ | 渋沢栄一の経営哲学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶応MCCでのアゴラ講座の終了:

« 日本企業の奇妙な就職慣行 | トップページ | 渋沢栄一の経営哲学 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31