慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 拙著『戦略の不条理』と『戦略学』について | トップページ | 坂の上の雲の視聴率 »

2009年11月29日 (日)

坂の上の雲

 NHKで放映された司馬遼太郎の『坂の上の雲』第1回は良かった。比較的、本に沿っていたように思えた。

 『坂の上の雲』、明治の日本がその坂を登り詰めて行けばやがて手が届くと思って、恋い焦がれた欧米的近代国家を「坂の上をたなびく一筋の雲」に例えた切ない歴史小説。

 秋山好古、真之、そして正岡子規、そして高橋是清、俳優も良かったし、おもしろかった。次回も楽しみだ。

« 拙著『戦略の不条理』と『戦略学』について | トップページ | 坂の上の雲の視聴率 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲:

« 拙著『戦略の不条理』と『戦略学』について | トップページ | 坂の上の雲の視聴率 »