慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 経営理念と業績の関係に関する注意 | トップページ | 拙著『戦略の不条理』と『戦略学』について »

2009年11月29日 (日)

ベスト書の季節

 年末になると、その年のベスト経済書・経営書というのがいろんな雑誌に登場する。たとえば、以下のビジネス書大賞は2次審査で、ネットを通して投票するものだ。拙著『組織は合理的に失敗する』日経ビジネス人文庫が1次審査を通っている。

ビジネス書大賞

http://biztai.jp/nominate.html?page=10

また、「TOPPOINT」という雑誌でも、12月号に拙著『戦略の不条理』の書評が掲載され、2009年度下半期のベスト書の投票を行っている。関心があれば、ぜひ1票を!

http://www.p-b.co.jp/

投票

http://www.p-b.co.jp/ankt1.asp?cd=200902

さらに、「週刊ダイヤモンド」や「日経ビジネス」でも毎年ベスト経済書が選ばれ、そしてそれに選ばれた本が店頭に並ぶという仕組みた。

どこの雑誌でもいいが、どこかで掲載されると、本当にうれしいものだ。しかし、今年も縁がなさそうだ。

« 経営理念と業績の関係に関する注意 | トップページ | 拙著『戦略の不条理』と『戦略学』について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベスト書の季節:

« 経営理念と業績の関係に関する注意 | トップページ | 拙著『戦略の不条理』と『戦略学』について »