慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 「組織は人なり」と成田君について | トップページ | 『戦略の不条理』 »

2009年10月21日 (水)

『戦略の不条理』

 売れ行きが心配なのだが、拙著『戦略の不条理』光文社新書の広告が昨日日経新聞に出て、アマゾンでも少し売れはじめた感じがする。

 この本は、昨年出版した『戦略学』ダイヤモンド社の内容を、孫子、クラウゼヴィッツ、リデルハート、ロンメル、ハンニバル、ナポレオンなどの戦略を思想をまじえて、立体的大戦略つまりキュービック・グランド・ストラテジーについて説明しています。

 戦略論の思想を読みやすくコンパクトにまとめたので、孫子、クラウゼヴィッツ、リデルハートなどの戦略思想を学説史のようにも読めるようにもなっています。

 一見、政治学的な内容に思えるかもしれませんが、この本はあくまでも経営戦略論の本として出版しています。だから、本書には、ポーターの競争戦略、資源ベース理論、ブルーオーシャン戦略、経営戦略論についてもコンパクトに説明しています。

 また、2002年にノーベル経済学賞を受賞したカーネマンやセイラーの行動経済学や2009年今年のベール経済学賞を受賞したヴィリアムソンの取引コスト理論も説明していますので、戦略の経済学という側面もあります。

 これまでいくつか新書や文庫を書きましたが、その中では一番やさしくわかりやすいと思いますので、戦略の基本を学びたいビジネスマンや学生にはいいと思います。また、教養としてもいいのではないかと思います。

写真をクリックしてください。アマゾンにいきます。

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書 426)

ファイル 83-1.jpg

« 「組織は人なり」と成田君について | トップページ | 『戦略の不条理』 »

6)菊澤の著書の説明」カテゴリの記事

コメント

さっそく買って読ませていただきました。しかしながら、p.112のQWERTY配列のくだりは、技術史研究者の私には全く納得のいかないものでした。この点に関しては、よければhttp://slashdot.jp/~yasuoka/journal/493556 をお読みいただけますと幸いです。

菊澤です。

拙著を読んでいただき、感謝しております。ご指摘の点について、いろんな議論があることは知っております。参考にさせていただきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『戦略の不条理』:

« 「組織は人なり」と成田君について | トップページ | 『戦略の不条理』 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30