慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 単純明快化することと端折る(省略)ことの違いについて | トップページ | O.ウィリアムソン教授のノーベル賞受賞 おめでとう »

2009年10月 9日 (金)

防衛省での講演

 本日、防衛省で話をした。短い時間でいろんな話をしたが、ある程度、理解していただけたのではないだろうか。

 久しぶりに、防衛省で話して、まず驚かされたのは、私が登壇すると、「起立、礼、着席」の号令がかかることだ。防衛大でも同じことをやっていたことを思い出した。

 一般大では、もちろん、こんなことはしない。とくに、最近の学生はわれわれが教壇に立っても、ザワザワしている。だから、最初の一声は、大抵、「静かに!」という言葉から始まることがほとんどだ。講義の途中で、「そこ、静かに!」と注意することもある。それだけでも疲れるものだ。

 さて、今回、防衛省の幹部の方々にお話しをして、そしていろいろと質問を受けたが、とても良い質問が多かった。そういった質問からも、その理解度が推測できるものだ。ということで、私としては十分満足し、そして聞いてくれた方々に感謝している。

 しかし、最後にアンケートを取って、私の講義について意見を書いていると思うが、どうか「難しくて意味がわからなかった」というのが大多数にならないことを祈りたい。意外にこういったケースもあるのだ。

« 単純明快化することと端折る(省略)ことの違いについて | トップページ | O.ウィリアムソン教授のノーベル賞受賞 おめでとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省での講演:

« 単純明快化することと端折る(省略)ことの違いについて | トップページ | O.ウィリアムソン教授のノーベル賞受賞 おめでとう »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31