慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 拙著『組織は合理的に失敗する』と『戦略の不条理』 | トップページ | 『戦略の不条理』 »

2009年10月19日 (月)

「組織は人なり」と成田君について

 昨日、成田君から『組織は人なり』(野中郁次郎監修)ナカニシヤ出版をいただいた。この本が完成するまでのプロセスを、私はたびたび彼から聞いていたので、本当によかったなあと思った。

 この本が、いろんな人たちの協力のもとに、そしてまたいろんな苦労をしながら完成したことを、私はよく知っているので、とにかく良かったなあと思った。

 本の表紙や挿絵もすばらしい。とてもインパクトがある表紙だ。さらに、本の構成もよく工夫してあり、しかもわかりやすい言葉で説明されている。そのため、アマゾンでは売れているようだ。

 今日、横浜の紀伊国屋にいったが、平積みになっており、他よりも低くなっていたので、きっと売れているのだろう。

 この本に懸ける成田君の思いに、乾杯!

 

« 拙著『組織は合理的に失敗する』と『戦略の不条理』 | トップページ | 『戦略の不条理』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「組織は人なり」と成田君について:

« 拙著『組織は合理的に失敗する』と『戦略の不条理』 | トップページ | 『戦略の不条理』 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30