慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 台風と本の売れ行き | トップページ | 防衛省での講演 »

2009年10月 9日 (金)

単純明快化することと端折る(省略)ことの違いについて

 ある人の議論を聞いて、あるいはある本を読んで、話を単純明快化して説明する人と、話を端折(ハショ)ってしまう人がいる。表面的には同じように思えるが、まったく違う。

 前者は頭脳明晰な人であり、多くのことを学べる人だが、後者の人はかわいそうな人で、まったく学べない人だ。

 では、後者の人とは具体的にどういう人のことか?

例1

「インフレーションとは物の量に比べて貨幣の量が異常に多く、貨幣価値が下がることであり、この問題は・・・・・・・・・・・・・・・・である」というように、経済学理論を用いて1時間ぐらい説明をしたとしよう。

話を端折る人(学べない人)というのは、以下のように答える人だ。

「な~んだ、インフレーションを解決するのは簡単なんだ。いろいろ、説明を受けたが、結局、世の中に出回っているお金を減らせばいいだけなんだ。」(プロセスも大事なのだが・・・)

例2

「行動経済学によると、・・・・・・・・・カーネマンたちによって人間の心のバイアスは価値関数で表現される。この関数を用いると、プラスの心理状態ではリスク回避的となり、人間はあえて動こうとはしない。しかし、マイナスの心理状態ではリスク愛好的となり、人間は積極的に行動しようとする。この理論を利用すると・・・・・・・・・・・・・・・・・といえる」

話を端折る人(学べない人)

「な~んだ。話は簡単だ。結局、気分をかえればいいんだ」(そんなに簡単ではないのだが、簡単に変わるものは、すぐにもとにもどるのだが・・・)

例3

「M・ヴェーバーは、「プロ倫」で西洋の近代化のメカニズムについて説明した。プロテスタタンティズムの倫理が合理化され、それが個々人の心理を合理し、・・・・・・・・・・・・・・・・・、その結果、魂なき資本主義を形成した」

話を端折る人(学べない人)

「な~んだ。ヴェーバーの話は簡単だ。単に精神が資本主義を形成したといっているだけか」(これだと、ブレンターノの説と同じになるのだが・・・)

 こういった人と会うと、われわれのような学者はまったくの非力で、1時間もかけて話をしたことが、一瞬のうちに無駄になってしまう。

 しかし、こういった人は一般人だけではない、実は学者の中にもかなりいて、学会で発表すると、一人ぐらいこんな話を端折った質問をする人がいる。(意地悪な人かもしれない)

「な~んだ。あなたのいっていることは簡単なことですね。質量とエネルギーは同じだということですね」

(E=MC2の式を導き出したアインシュタインに対して)

大変なことだけど!

« 台風と本の売れ行き | トップページ | 防衛省での講演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単純明快化することと端折る(省略)ことの違いについて:

« 台風と本の売れ行き | トップページ | 防衛省での講演 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31