慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« O.ウィリアムソン教授のノーベル賞受賞 おめでとう | トップページ | 拙著『組織は合理的に失敗する』と『戦略の不条理』 »

2009年10月17日 (土)

組織学会での報告や慶応アゴラ

 ここ、数日、あまりにも忙しくて、ブログも書けなかった。10月11日には、組織学会50周年記念大会があり、そこで『戦略学』ダイヤモンド社の内容を報告した。実務家の反応は良かったが、学者の反応はわからない。

 アカデミミズムに欠けると思う人には、実はこの考えをアカデミックにしたのが、「行動新制度派経済学」なのである。この論文を読んでほしい。

 これは、今年、ノーベル賞を受賞したウィリアムソンの取引コスト理論と最近流行りの行動経済学を結び付ける研究であり、論文を2本出している。(三田商学研究)、そして英文も1本完成し、これからどこかのジャーナルに投稿しようかとたくらんでいる。

 そして、その同じ内容をさらにやさしく説明したのが、光文社新書『戦略の不条理』である。ここでは、孫子、山本七平、クラウゼヴィッツ、リデルハート、ロンメル、ハンニバル、ナポレオンなどを紹介しながら、新しい戦略の哲学「キュービック・グランド・ストラテシー」について説明した。

菊澤著『戦略の不条理』光文社新書

 菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書 426)

 また、昨日から、慶応MCC(丸の内キャンパス)でアゴラの社会人教養講座も始まった。集まっていただいたメンバーは大変レベルが高く、驚くとともにとても感謝している。社会人ゼミナールという形式で展開される講座で、楽しくなりそうだ。

 私には、参加者の方々に対応できる知識と能力があるかどうかわからないが、慶大、福澤のモットーである「半学半教」の精神で、議論したいと思っている。

 9月、10月とまったく休むひまがない。体は疲れているのだが、精神が何か元気なのだ。

 

« O.ウィリアムソン教授のノーベル賞受賞 おめでとう | トップページ | 拙著『組織は合理的に失敗する』と『戦略の不条理』 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織学会での報告や慶応アゴラ:

» 組織学会2009年・年次大会at早稲田大学 [カミタク・ブログ]
経営学の学術学会・組織学会の2010年度年次大会が早稲田大学で2009年10月1 [続きを読む]

« O.ウィリアムソン教授のノーベル賞受賞 おめでとう | トップページ | 拙著『組織は合理的に失敗する』と『戦略の不条理』 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30