慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 第二回目のアゴラと『戦略の不条理』の広告 | トップページ | 思うこと »

2009年10月31日 (土)

菊澤ゼミで驚くこと

 昨日は、日吉でオープンゼミを行った。たくさんの2年生が来てくれて、感謝している。また、8時30分頃までゼミに付き合ってくれた2年生もかなりいたので、驚いた。ぜひ菊澤ゼミに入ってほしいものだ。

 さて、いま菊澤ゼミでは、三田祭の研究論文で、3年生は非常に忙しく勉強をしている。そして、その中間報告を毎回ゼミで披露してくれる。そして、鋭い質問を受ける。そのとき、ゼミ員の質疑応答に驚くとともに、嬉しく思うことがある。

 それは、まだ私の本『比較コーポレート・ガバナンス論』をみんなでゼミで読んでいないにも関わらず、ゼミ員がすでに「先生の本の*章では、こういう議論が展開されていので、それを応用した」とか、「先生の本の*章のモデルを使って考えてみた」などといっているときだ。

 私の本を読んでくれていることが嬉しいのではない。「もう教えなくても、自力でこんな本もあんな専門書も読めるようになったんだなあ~」という点だ。それが、うれしいのだ。みんな力がついたなあ~と思う瞬間だ。まさに、ゼミの喜びはこれなのだ。

 こういった読書力のついた学生は、卒業後もいろんな本を読み続けるだろう。それが大事なのだ。勉強はこれからも長く続くのだ。

*****************************

●昨日、帰りに横浜駅の西口の有隣堂によってみたら、拙著『戦略の不条理』が新書部門で10位になっていた。驚いた。初めての経験だ。

●横浜駅の丸善では、拙著はと売り切れてなかった。店員はやる気がなさそうで補充するるかどうかも分からず、がっくり。なんとか、はやく補充してほしいものだ。

●また、浜松町の談という本屋でも新書部門17位だった。

http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-05.htm

●さらに、丸の内丸善でも新書部門4位であった。

http://www.maruzen.co.jp/shopinfo/marunouchi/index.aspx

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書 426)

読者に感謝しています。引き続き、ご愛読お願いします。

それから、もうひとつの拙著『組織は合理的に失敗する(組織の不条理)』も横浜西口の有隣堂では、たくさんあったのに、残り1冊になっていた。はやく補充してほしいものだ。

« 第二回目のアゴラと『戦略の不条理』の広告 | トップページ | 思うこと »

7)慶大菊澤ゼミナール情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊澤ゼミで驚くこと:

« 第二回目のアゴラと『戦略の不条理』の広告 | トップページ | 思うこと »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30