慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 慶大夕学 アゴラでの講座 | トップページ | 久しぶりの休日 »

2009年9月20日 (日)

経営哲学学会全国大会終了

 昨日、京都での経営哲学学会全国大会が終了した。9月はまったく休む暇がなく、ずっとのどの調子が悪かった。あと1日休めば、のどは治るのに、という感じを何度も経験した。そして、今日までのどの調子がわるい。

 しかし、経営哲学学会はおもしろかったなあ~というのが私の感想だ。役員でなければ、最初から最後までいないのだが、3日間いると、全体がわかり、それはそれでおもしろいのだ。

 とくに、学会はやはり若い人を中心に活動できるといいと思った。年配となると、大抵、講演というのもはやっつけ仕事になりがちだ。多くの若い人がそれをみるとがっくりくるものだ。勉強していないと、昔、若い時に勉強したとんでもない古い話ができてたりもする。

 しかし、年配といっても、ここが一流というかプロというか、やっぱり凄いという先生はいるものだ。今回、その違いがはっきりわかった。

 それは、野中先生と由井先生だ。今回、お二人の先生に機関誌『経営哲学』に登場していただいた。私の編集長としての過去の経験では、年配の方に原稿をお願いすると、大抵、適当なものを書いて適当に終わらせる。中には、お願いした特集内容をまったく無視する人もいる。

 しかし、お二人は違っていた。こんな小さな学会の機関誌に対して、最後の最後まで文章にこだわっていただき、その執念に何か「プロ」というから「一流」というか、何かわれわれがまなばなければならない「暗黙知」というか、そんなものを感じた。すばらしい。

 こういった学者に自分もなりたいと新ためて思った。

« 慶大夕学 アゴラでの講座 | トップページ | 久しぶりの休日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営哲学学会全国大会終了:

« 慶大夕学 アゴラでの講座 | トップページ | 久しぶりの休日 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31