慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 通信社からの電話 | トップページ | コーポレート・ガバナンス »

2009年8月16日 (日)

硫黄島からの手紙

 昨日、フジテレビで放映された「硫黄島からの手紙」をみた。本当はやることがいっぱいあるのに・・・

 実は、この映画が公開されたときに見たったのだが、時間がなくてみれなかったのだ。今回みて、いくつか思ったことがある。

 栗林中将や西大佐は米国帰りらしく、気さくな性格な出ていてよかったと思う。そして、日本しかしらない中間管理職の不条理な命令、そしてそれに泣く部下たち。よくできていた。

 しかし、個人的には、米軍が島に上陸する前のプロセスをもう少し長くしてほしかった。米軍が上陸するまでに、日本陸軍と海軍の間にどんなコンフリクトが起こっていたのか、どのようにして水際撃滅作戦から洞窟陣地持久戦へ変化したのかなど・・・その日本軍の様子を描写してほしかった。

 映画は、米軍上陸後の日本軍の戦いがあまりにも長かったように思う。米軍上陸前ここそ、多くの不条理な現象が起こっていたのであり、それを多くの人たちに知ってほしかったなあという気持ちが残った。

« 通信社からの電話 | トップページ | コーポレート・ガバナンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
野中郁次郎先生に,「なんとか先生のお力で硫黄島を訪問することはできませんか?」と聞いてみたことがあります。
かなり時間が経ってから「やっぱり無理だったよ」とのお言葉。
失礼ながら軽く聞き流されたのかと思っていたので,たいへん驚かされました。
逆上陸の願いかなわず,無念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

« 通信社からの電話 | トップページ | コーポレート・ガバナンス »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31