慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« いまこそヴェーバーのプロ倫を | トップページ | バーナードとカント2009年6月9日 »

2009年6月 8日 (月)

何かおかしいのだが

 忙しいと、運動ができない。運動しないと、太る。太ると、何か体調が悪くなる。年をとってから、こういったサイクルといつも戦っている。

 いま、太っていて体重が重いので、調子が何か悪い。そこで、時間がないのだが、最近また、夜、ランニングをそうとう無理して始めている。ランニングをすると、体調がいいかどうかわかる。調子がいいときは、体のどこも痛くないのだ。

 ところで、私は夜12時ごろから走り始める。夜は、空気が澄んで、気持ちがいいからだ。しかし、夜中に走っていると、ひとつ気になることがある。

 走っていると、夜中だが道で出くわす人がときどきいる。出くわす人は、不思議なことに、大抵、女性だ。女性の一人歩きだ。仕事帰りか、遊び帰りか、わからないが。しかも、夜中の1時過ぎだ。

 今日もそうい女性と出くわした。向こうも、走っている私を痴漢かもしれないと用心しているのだろう。そんなとき、私はとても腹が立つ。

 「こんな遅くまで何してるんだ!」

 日本は平和なんだということなのだろうが、私にはわからない。なぜこんな夜中に歩いているのか。しかも、なぜ女性が多いのか。これは、私の偏見ではない。頻度は明らかに女性が多いのだ。

 この傾向は、私の近所だけだろうか?何かおかしいのだが・・・そして、私と同じようにウエイトトレーニングとして夜中に走っているのは、男ばかりなのだ。

« いまこそヴェーバーのプロ倫を | トップページ | バーナードとカント2009年6月9日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かおかしいのだが:

« いまこそヴェーバーのプロ倫を | トップページ | バーナードとカント2009年6月9日 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31