慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 記者の不条理 | トップページ | 朝日カルチャーセンターでの講義 »

2009年2月23日 (月)

意味論と構文論

 世紀末ヴィーンでは、科学的知識の発見の論理として「帰納法」が注目されていた。帰納法とは、たくさんの観察から普遍的理論を生み出すという方法だ。たとえば、たくさんのカラスを観察した結果、「すべてのカラスは黒い」という一般命題に辿りつく。

 この方法は二つの点が重要だ。

(1)観察言明「2009年10時15分三田でみたカラスは黒い」という言明が「事実」に対応するかどうか。この「言明と実在の一致を問う問題:を「意味論(セマッティクス)」という。

(2)上記の有限個の観察言明から普遍言明「すべてのカラスは黒い」へ至るロジックを分析するのが「構文論(シンタックス)」つまり「内部整合性の問題」。

なぜこんなことを紹介しているのかというと、最近の自民党の動きに疑問をもっているからだ。

(2)「党内で決めたことを守ることが論理一貫している。だから小泉元首相の行動はおかしい」という人は、上記(2)の構文論の問題にこだわっているのだ。

(1)しかし、多くの国民は(1)の意味論の問題つまり党の言明と国民の希望が一致しているかどうかを重視しているのだ。

自民の発言が集約されて論理的に政策がだされ、それが構文論的に整合的でも、そもそもその言明が国民の意見と違っていたら、意味がないのだ。

小泉元首相は、構文論より意味論を重視したから強かったし、今もそうなので強いと思う。

« 記者の不条理 | トップページ | 朝日カルチャーセンターでの講義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意味論と構文論:

« 記者の不条理 | トップページ | 朝日カルチャーセンターでの講義 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31