慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 現在、採点と格闘中 | トップページ | 哲学の時代 »

2009年1月28日 (水)

スターバックスのかげり

 最近、ときどきスターバックスの危機に関する記事を目にする。

 2000年の初め頃、ウイーンにいったとき、カフェーの街ウイーンにも米国のスターバックスが出店したということで、話題になっていたことを思いだす。

 日本でも、NHKの教育放送の英語会話の時間ではスターバックスの社長のインタヴューを教材にしていたことを思いだす。

 私自身は当時から、スターバックスにはあまり関心がなかった。香りの強いコーヒーとかなんとかいろいろ言われていたが、個人的にはドトール・コーヒーが好みだった。何か割高な感じした。

 コーヒーとうのは難しいビジネスだ。それほど差別化できるとは思えない。安くておいしく、憩いの空間を与えてくれると、うれしいものだ。

 ただ昔、徳島でものすごい特徴のあるコーヒー店があった。とにかく、コーヒーが濃くて深いのだ。私はまったくの素人だが、その私でも違いがはっきりとわかった。自分で、豆を挽いてもあのようなコーヒーは作れないと思った。

 また、コーヒーに関して、もう一つ印象的な話は、ニューヨークで買ったコーヒーだ。本当にアメリカンで、濃くないのだ。ニューヨーク中を濃いコーヒーを探したが、なかった。とにかくみんな薄いのだ。最終的にアメリカでおいしいコーヒーがあったのは、ニューオリンズだった。(ここでいうおいしいというのは、日本で飲むコーヒーとにているという意味)

 まあ、コーヒーをめぐる競争は激しくなると思うが、それが良いサービスにつながってくれると、消費者としてはありがたいのだが・・・。

« 現在、採点と格闘中 | トップページ | 哲学の時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターバックスのかげり:

« 現在、採点と格闘中 | トップページ | 哲学の時代 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31