慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 偶然 | トップページ | 芥川賞って »

2009年1月 4日 (日)

ゼミについて思うこと

 2009年、今年で、菊澤ゼミは、4期生を迎えることになる。これまで、3年間、ゼミで感じたことがある。

 私自身、ゼミでは研究活動と就職活動とを結び付けないようにしている。就職活動のために、ゼミの勉強をするという考え方が嫌いだ。

 なぜか。理由は簡単だ。もしそのような考えでゼミに参加すれば、4月か5月に就職が決定したら、その後はもうゼミは不要になるからだ。後は、ゼミは惰性になるのだ。

 私は、ゼミでは就職のことだけではなく、相手を蹴落としたり、嘘をついたりすることも好まない。社会にでれば、相手を蹴落としたり、嘘をついたりすることもたくさんあるだろう。だから、菊澤ゼミでは・・・という思いがあるからだ。

 しかし、ここ数年、学生を見ていてわかったことがある。ゼミでの発表やプレゼンがうまい学生は、やはり就職活動でも強いのではないかということだ。

 これまで、学生がゼミでの発表やプレゼンが多少下手でもとくに気にはならなかったのだが、最近は発表の仕方やプレゼンの仕方だけでも全員うまくなってほしいものだと強く思うようになった。

 ただし、就職活動のためにではなく、あくまで研究活動の結果としてだ。

 ということで、4期生も徹底的に鍛えたいので、勉強、研究に関心のある学生は、ぜひ菊澤ゼミへ入会してほしい。

 

« 偶然 | トップページ | 芥川賞って »

7)慶大菊澤ゼミナール情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼミについて思うこと:

« 偶然 | トップページ | 芥川賞って »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30