慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 不況期のアドバース・セレクション | トップページ | NHKのカンゴロンゴに登場した「取引コスト」 »

2009年1月11日 (日)

デス・ノート

 私はテレビは嫌いではない。むしろ、大好きだ。しかし、最近は、ありがたいことに仕事がたくさんあり、なかなかテレビを長時間みる機会がなかった。

 昨日、たまたま、ビデオで「デスノート」が録画してあったので、見た。噂に聞いてはいたが、面白かった。ストーリーも面白いし、奥には深い哲学的テーマもちらちら見えて面白かった。そして、最近の若い人たちはこんな難しい映画をみるんだなあ~と思った。

 また、「オールウエズ」という映画も録画でみた。こちらの方が話は単純で、しかもゆったりした気分でみれた。しかし、この映画にも深い哲学的テーマがあって良かった。

 最近はなかなかブームについて行けなくてだめだ。やはりブームになるには、それなりの理由や価値があることは間違いないと思う。

 昔、年寄りは音楽にも映画にも関心をもたないものだと思ったが、年をとってわかったことは、そうではなく、時間がないのだ。どうしても優先順位が低くなってしまうのだ。残念。

« 不況期のアドバース・セレクション | トップページ | NHKのカンゴロンゴに登場した「取引コスト」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デス・ノート:

« 不況期のアドバース・セレクション | トップページ | NHKのカンゴロンゴに登場した「取引コスト」 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31