慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 経験的CSR研究者への疑念 | トップページ | 経営哲学とは »

2008年12月29日 (月)

篤姫にちょっと感動

 私は、最近、あまりテレビのドラマをみない。嫌いなわけではない。時間がなかったのだ。ところが、今回、たまたまNHKの大河ドラマ篤姫の総集編をみた。

 ネットなどで、その番組が非常に人気があることは知っていたが、感動した。久しぶりに感動。

 時代背景も面白いし、篤姫と和宮の関係も話には知っていたが、非常に面白く描かれていてとてもよかった。やはり、歴史ものはおもしろいと思った。「尊王攘夷」「公武合体」なつかしい言葉だ。

 また、改めて日本という国は不思議で面白い国だと思った。

« 経験的CSR研究者への疑念 | トップページ | 経営哲学とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫にちょっと感動:

« 経験的CSR研究者への疑念 | トップページ | 経営哲学とは »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31