慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

篤姫に宿るカント哲学

 昨日、DVDで録画した篤姫の総集編をすべてみた。大変、面白い内容であった。客観的に良いか悪いかわからないが、表面的には次の2点が良かった。

(1)篤姫が年をとっても若々しいままであったこと。無理に、老けたメイクを最後までしていない点。

(2)篤姫が無理になれない鹿児島弁を使っていなかった点。

 しかし、もっと素晴らしいと思ったのは、篤姫が繰り返して述べた次の言葉だ。

        「自分の意思で決めます」

島津家本家に養女になる時も、徳川家に嫁ぐ時も、篤姫はこの言葉を述べていた。カント哲学だ! このドラマには、カントの哲学が宿っているのだ。自分をモノのように扱うことへの抵抗なのだ。

 カントは、人間と動物の違いを自由意思があるかないかという点にかけた。

 動物は、自分の外にある原因にしたがって行動する。誰かが殴ろうとすると逃げるし、誰かが餌をもってくれば食べにやってくる。原因と結果にしたがう行動をする。その原因は、自分ではなく、すべて自分以外にあるのだ。つまり、他律的なのだ。ニュートンの力学的世界も同じだ。

 これに対して、確かに人間も動物的である。誰かが殴ろうとすると逃げるだろう。また、より高い給与が提示されれば転職するかもしれない。この意味で、動物的である。

 しかし、人間は外の原因を無視し、自らの意思で行動することもできるのだ。どれだけ高い給与を提示されても、自分の意思でこの会社に残るという人はいるものだ。どれだけ殴られても自分の思想を変えない人はいるものだ。自律的な人物だ。

 そのような行動の原因は他でもなく、自分自身にある。それは因果法則にとらわれないという意味で自由な行動である。そして、その行動に対する責任は他でもなく自分にあるという意味で、その行動は道徳的行動なのだ。

 こういうカントの考えから、カントの自律の原理が導出される。外から(上司から)の命令に対して

「いかに高い権威であろうとも、われわれはその命令を、倫理の究極的な基礎として受け入れることはできない。・・・われわれが権威による命令に直面するとき、この命令が道徳的かどうかを判断するのは、つねにわれわれの責任だからである。…命令に従うかどうか、権威を受け入れるかどうかは、われわれがくだす決定なのである」(byPopper)

私には、ドラマの篤姫が常にこの自律の原理にしたがって行動していたように思えた。そこに、感動した。

 

2008年12月29日 (月)

経営哲学とは

 経営哲学というと、多くの人はCSR、企業の社会的責任論、経営理念などいろいろと思い浮かぶかもしれない。

 そもそも経営哲学というのは何?というかもしれない。その定義が難しいから、定義の問題を避けようとする人も多い。

 これに関して、私の答えは簡単だ。「経営をめぐる言明で経験的に反駁できないような言明や議論は、すべて経営哲学だ。」

 たとえば、「経営理念が浸透しているような企業ほど企業の業績が高い」という議論は「業績が高い企業で経営理念が浸透していない企業は存在しない」という命題に変形できる。するとこの命題は経験的に反駁されうる可能性があることがわかるだろう。このような命題は経営哲学ではなく、経営をめぐる経験科学的議論なのだ。

 私の考える経営哲学的議論とはこうだ。

命題1「企業経営者は積極的に自由意思を行使して行動し、その行動の責任を負うべきだ!」

この命題を実践すると、たとえば以下のようになる。

命題2「So・yの社長としてアダルトソフト製品まで販売してゲーム業界に生き残る気はまったくない。この私のわがままの結果に対する責任は、他でもなく私がとる」

命題1は経験的にその妥当性を証明することはできないものだ。何よりもそれにもとづいて命題2として実践することが必要なのだ。このような命題をめぐって議論をするのが経営哲学なのだ。

________________________________________

 戦後の日本経済をささえてきた偉大な経営者たち、特に東京大学出身の経営者の多くは実はデンカンショ世代だと言われている。

 デカンショとは、デカルト、カント、ショーペンハウエルのことだ。とくに、カント哲学が日本では人気があったらしい。カンテリアンとしての企業経営者が日本経済を支えてきたのだ。

 これに対して、最近の企業人や経営者は哲学書を読んでいない。表面的な効率性を追求するような本ばかり読んでいるのかもしれない。それが現在のはやりだ。

 このような傾向に少しでも抵抗したいので、これからは何とかして経営哲学上でカントを復活させたいと思う。

篤姫にちょっと感動

 私は、最近、あまりテレビのドラマをみない。嫌いなわけではない。時間がなかったのだ。ところが、今回、たまたまNHKの大河ドラマ篤姫の総集編をみた。

 ネットなどで、その番組が非常に人気があることは知っていたが、感動した。久しぶりに感動。

 時代背景も面白いし、篤姫と和宮の関係も話には知っていたが、非常に面白く描かれていてとてもよかった。やはり、歴史ものはおもしろいと思った。「尊王攘夷」「公武合体」なつかしい言葉だ。

 また、改めて日本という国は不思議で面白い国だと思った。

2008年12月27日 (土)

経験的CSR研究者への疑念

 2000年代に入ってから、CSR(企業の社会的責任)に注目が集まっている。このブームに乗り遅れないように、多くの経営学者はCSR研究に忙しい。

 最近、CSR研究者は、自分たちの研究を企業が受け入れやすくするために、CSRと企業業績との間にプラスの関係があることを経験的に証明しようとようとしている。しかし、このような研究は自滅する。倫理や道徳というものを知らない無知な研究だ。

命題「CSR活動を多くすればするほど、企業の業績は高くなる」

もしこのような因果命題がもし妥当だすると、この命題は次にのような命題に変形できる。

命題「企業の業績を高めるためには、CSR活動をする必要がある」

=命題「企業がお金儲けをするには、企業は社会的責任活動をする必要がある」

=命題「金儲けのために、企業は社会的責任ある行動をとる必要がある」

何か変だ!

結局、CSRは金儲けの手段なのか!

CSRというものは、そうではないだろう。

「お金が儲かる、儲からないとは無関係に、企業は社会的に責任ある行動とるべきだ」

これである。これが、カントの定言命法だ。

_____________________

2月9日の慶応大学夕学五十講の私の講演が満員になってしまった。どういうことだろうか。私は、それほど著名ではないのだが・・・・、おかしい。みんなたくさん受講券を買って、最後の講演に受講券を使い切ろうということだろうか。

夕学五十講

https://www.sekigaku.net/

  

2008年12月26日 (金)

やはりカントはおもしろい

 冬休みに入ったが、なかなか自分の時間がとれない。とにかく、いろんなお願いがやってきて、その対応で忙しい。

 書くべき論文がたくさんあり、どれから手をつけるべきか。その前に、年賀状を出す必要もある。部屋も掃除して、とにかくいらない紙類を処理しなければならない。

 ふと、カントの解説書があったので、ぱらぱらと見ていたら、面白い。やはりカントは面白い。

 最近は、簡単に読める本が流行っているが、私にとっては「感性」「悟性」「理性」「超越論的感性論」「超越論的弁証論」「純粋理性の誤謬推理」「実践理性の二律背反」「仮言命法」「定言命法」といった言葉が踊る哲学的世界がほんとうは好きだ。

 

 私のことを、最近、知った人たちは、私のことを新制度派経済学の専門家、組織の経済学の研究者だと思っているかもしれない。哲学などには縁のない、経験科学を追求する人間だと思っている人がたぶん多いと思う。

 しかし、私は大学の学部時代そして大学院ではもっぱらイマニエル・カント、マックス・ヴェーバー、カール・ライムント・ポパーを研究してきたのであり、経営学などほとんど勉強したことはなかったのだ。

 私の先生も、経営学なんて自分でできるから、そんなものをしなくていい。いまは、哲学をやればいいといつも私にいってくれた。私は、そんな先生が好きだったので、何の迷いもなく哲学をした。

 その結果として、私が最初に書いた論文は、マックス・ヴェーバーの価値自由原理の再解釈に関するものであり、次は自由をめぐるカントとニックリッシュの関係についての論文であり、さらにその後はバーナードとカントとの関係についての論文であった。

 私が最初に論文を発表したときには、日吉の哲学の教授である箕輪先生が聞きにきてくれた。本当にうれしかった。

 しかし、その後は、簡単な数学を使った論文をいくつか書きはじめ、そしてやがて新制度派経済学へと移行し、最近では行動経済学的な論文も書くようになった。なぜか。

 私が感じたのは、30才の若僧が哲学を語っても、だれも聞いてくれないということだ。私の先生が亡くなった後は、特に無防備な若僧の話など・・・・

 しかし、いまや私も少し歳をとり、少しだが、私の主張に注目してくれる人もいる。今回、学会で初めて私がカント主義者であることを質疑に応答するたびに主張することができた。満足している。今後も、若返ってどんどん哲学的議論を展開していきたいものだ。

 新制度派経済学、組織の経済学、『組織の不条理』などの本は、カント的にいえば、認識論、純粋理性批判に対応する世界だ。これに対して、拙著『戦略学』(ダイヤモンド社)は、カント的にいえば、実践理性批判に対応する本なのだ。この本の内容を紹介するのは、何かとても楽しい。

2008年12月24日 (水)

2月9日慶応大学夕学五十講に登場+NHK

 慶應丸の内シティキャンパスで展開される定例講演会『夕学五十講』の最後つまり50番目に、私が講演することが決定している。

 この五十講には、五木寛之、羽生善治、二宮清純氏など、たくさんの有名人が登場するので、私も選ばれてとても光栄に思っている。

 私のテーマは、「組織の不条理」である。日本陸軍などの事例を用いて、組織の不条理とは何か。それをいかにして克服することができるのか。そういったお話をさせていただく予定である。

 この話をいただいたとき、果たして何人の人が参加されるのか、気になっていた。300人定員で、もしかしたら、ガラガラかもしれない。だれもこなかったら、困るなあ~と思っていたところ、本日、夕学五十講義のHPをみたら、「定員が残りわずか」と表示されており、驚いた。

夕学五十議 HP https://www.sekigaku.net/

 私の話を聞きにくる人が、本当に、こんなにたくさんいるのだろうか。まだ疑心暗鬼であるが、少しほっとしている。

________

 先日、アマゾンという制作会社の方から電話をいただいた。要件は、NHKで「カンゴロンゴ」という番組があるようで、その番組で私が専門としている「取引コスト」の話がでるそうだ。放送時間は以下の通り。

 来年、NHK1月14日日曜日夜11時 http://www.nhk.or.jp/kango/

NHKのディレクターが拙著『なぜ上司とは理不尽なものなのか』を読んでくれたらしい。電話も頂いた。最後に、協力者として私の名前も載るそうだ。

2008年12月21日 (日)

経営学会シンポジウム

 昨日、今年最後の経営学会関東部会のシンポジウムで報告をした。昨年も、シンポジュウムでコメンテータをしていたので、何かいつもこの時期報告している感じがする。

 私は、今年、9月に若輩でありながら、経営哲学学会の会長になってしまった。これは私が政治的な人間だからというわけではない。まったくの偶然だ。いろんな偶然が重なって、意図せざる結果、そうなったのだ。ダーヴィンの進化論の世界だ。

経営哲学学会会長あいさつ

http://www.jamp.ne.jp/daihyo.html

学会

http://www.jamp.ne.jp/home.html

 一般に、会長というのは他の学会で前線に立って発表というものはしないものだ。どっしり構えているものだ。だから、本当はおとなしくしたいのだが、どうしても声がかかると断れないダメな性格なのだ。

 そこで、私は考え方をかえ、最近では、自分はナポレオンやロンメルのように、先頭にたって戦う将軍と自分に言い聞かせて、別の学会に乗り込むことにしている。(来年も2つ学会からすでに招待を受けている)

 今回の場所は、明治学院大学であった。ありがたいことに満員御礼立ち見となった。(これは私というよりもCSRで著名な高巌教授も報告者だったからだと思う)

 私の報告テーマは「金融危機に学ぶ戦略の哲学」ということで、拙著『戦略学』ダイヤモンド社の宣伝も兼ねてお話をさせてもらった。

 たくさんの著名な年配の先生が来てくださり、非常に感謝している。特に、吉森先生がきてくださったのには感激した。

 また、野口御大が私の報告をカンティアン(カント学派)のひとつの集大成だとみてくれたのには少し感動した。そして、小島の弟子だといってくれた。嬉しかった。

 今回は、十分自分のいいたいことを言えたし、質疑応答でも私がカント主義者であることを十分伝えることができたので、満足している。

 また、私が経営学だけではなく、経済学も、軍事戦略も、哲学も知っていることに驚いてくれた若い学者もいてくれて、嬉しく思った。(ついでに、会計学もしっています!弱点はマーケティングです)

 さらに、前経営哲学学会会長の大平先生の司会も非常によかった。すばらしい。

 しかし、1点だけ、不満が残った。前日まで、一生懸命、パワーポイントを作ったのに。しかも3色も使って。明治学院の設備が悪すぎて、字がぼやけて、まったく見えなかった。がっくりした。残念!アニメーションも使っていたのに!!

2008年12月12日 (金)

ポパーとカント

 私の最近の著書『戦略学』は、ポパーの多元論的実在論を基礎としている。私の本に関心をもってくれた読者は、同時にポパーにも関心をもってくれている人もいるようだ。

 ポパーは科学哲学者なので、基本的に認識論、科学の方法論の論文が多い。そして、私はそのようなポパーの科学哲学の論文が好きだ。とくに、『科学的発見の論理』は切れ味のいい本だ。

 しかし、一番好きなポパーの論文は、彼の著書『推測と反駁』の中にあるカントに関する論文だ。私のポパーのこの論文が昔から一番好きだ。すばらしい論文だ。

 さて、前からポパーがカントが好きなことは知っていた。しかし、ポパーの哲学とカントの哲学がどのように結びつくのか。この点は、非常にわかりにくく、難しい問題だった。とくに、認識論に関して、ニュートン力学を真理と信じて展開しているカントの方法論と人間は真理を獲得できないことを前提とするポパーの方法論は決定的に異なっている。

 しかも、ポパーはカントに敬意を払って、当時の人々にとっては、ニュートン力学を真理だとみなすことは、避けがたい誤りだったとカントに代わって言い訳をしているくらいだ。

 実は、ポパーとカントは実践理性批判で結びついているのだ。このことが、最近、やっと分かってきた。共通点は「批判」と「自由」にある。ポパーの批判的合理主義が成り立つには、カント的な自由人の共同体が必要なのだ。

 ポパーは、ソクラテスが自由の概念を語り、カントが自由という概念に共同体という概念をつけ加えたといっている点は非常に意味深い。

2008年12月11日 (木)

脳体力の成長

 私の研究者としての歴史で気がついたことを紹介してみたい。

 慶応大学の学部時代は、ゼミで報告論文を1本づつ、じっくりと書いていた。そして、それを先生に聞いてもらい、コメントをもらうのを楽しみにしていた。

 大学院生になると、論文を書く速度が速くなり、ある先生に「君は筆が速いね」といわれたことがある。ついでに、私の論文は無駄がないという印象があるようで、「君の頭は掃除機のようにいらないものを全部すいとって、すべてをクリアにするんだあ」といわれたことがある。

 その後、大学に職をえたころには、2本の論文を同時に書くことができるようになっていた。当時、この状態を「大工方式」と自称していた。つまり、大工はひとつの家を作っているとあきるので同時に2つか3つの家をかけもちで作ってるようなので。

 さらに、30代半ばから終わりになるころには、3本ぐらいの論文は、同時進行的に比較的簡単に書けるようになっていたのだが、論文の依頼が少なく、その実力を発揮できずにいた。

 そして、40代になると、突然、依頼論文が増え、同時に4本とか5本という時期がきた。くるものはことわらないので、さすがにオーバーワーク気味になった。それでも、何とかこなしてきた。社会から認知されはじめたという感じをえていた。

 そして、ついに40代の終わりにもなると、今度は同時に2冊の本を書くことができるようになった。これは自分の力だけではない。ありがたいことに、出版社から依頼があり、それに対応しようと努力した結果である。

 以上のように、脳の体力は若い時に比べて何倍も成長しているように思う。でも、本当のところはわからない。実はそうではなく、本当は要領がよくなっただけかもしれないし、ずるくなって手抜きがうまくなっただけなのかもしれない。

 そして、このような私の研究プロセスで、もう一つ気づいたことがある。それは、同時に、一見、まったく異なった複数の研究論文を書いているように思うが、後で見てみると、どの論文も意外に近い距離にあることが多いというこだ。

 このことがわかって、たくさん論文を書いていけば、おのずとそれをまとめて本にしやすくなるということもわかってくるだろう。

 私は、学者というのは論文を書くことが商売だと思っている。だから、極端にいうと、われわれは半分作家だと思っている。だから、私が書かなくなったら、私は学者を半分捨てていると思っていただいても構わない。

2008年12月10日 (水)

戦略学 キュービック・グランド・ストラテジーの事例

拙著『戦略学ー立体的戦略の原理』ダイヤモンド社で、キュービック・グランド・ストラテジーという戦略の哲学を展開した。これは、経験科学ではなく、哲学なのだ。

戦略学―立体的戦略の原理

 http://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E7%95%A5%E5%AD%A6%E2%80%95%E7%AB%8B%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86-%E8%8F%8A%E6%BE%A4-%E7%A0%94%E5%AE%97/dp/4478006075/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1228845844&sr=1-2

 この本では、世界は物理的世界、心理的世界、知性的世界から形成されていると考え、これら三つの世界に対して戦略的にアプローチしないで、ひとつの世界だけに適応しようとすると、他の世界が変化し、淘汰されてしまう。この現象を「戦略の不条理」と呼びたい。この不条理を回避するために、三つの世界に対して、立体的にアプローチするというのが、私が主張するキュービック・グランド・ストラテジー(CGS)なのである。

 この本では、CGSの事例はない。あえて入れなかった。事例があると、古くなるからだ。しかし、それでは読者は現実感をえないだろう。

 そこで、私はここでCGSに事例を示してみたい。これは、慶応義塾大学菊澤ゼミの山田君がCGSのフレームワークで分析した事例だ。いま、時間がないので、後で解説しますが、以下のPFDで想像してみてください。

「ase_kikuzawa.pdf」をダウンロード

2008年12月 7日 (日)

レストランではタバコはきつい

 日曜日は、家族でいつも外食している。最近は、近くのレストランは、結構、混んでいるので、いつもウエイター・ウエイトレスに喫煙席ならば、早く用意できますが?といわれる。

 本日も、そう言われた。われわれは待てるのだが、子供は早く食べたいので、それでもいいとなる。そして、本日もそうなった。私は、楽観的に、喫煙席でも最近は意外と喫煙する人は少ないケースもある、と期待して、いつものように喫煙席へといく。

 席に着くと、どこからかタバコのにおい。ふと見ると、後ろの席だ。最悪だ。そこで、嫌がらせに、タバコ関する話題を聞こえるように話す。早く、帰ってくれないかなあ~、と内心思う。

 すると、偶然、その人は席を立って帰っていった。やれやれ。これで、大丈夫だと思っていたら、隣の家族で大学生らしいやつがタバコを吸い始めた。最悪だ。こいつは、まだ吸い始めたばかりだな!、と思った。タバコの持ち方でわかるものだ。そんなぎこちない持ち方でタバコを吸うな!

 なぜか。

 私はもともと正真正銘のヘビースモカーだったからだ。その反動はすごいのだ。いまは絶対アンチスモーカーだ。タバコを吸うやつなど、レベルの低いやつだという考え方だ。こういった価値観から、今日はいいアイデアを思いついた。

 レストランでタバコを吸う人と吸わない人の料金を変えてほしい。タバコを吸う人は10%割増。逆でもいい。吸わない人は10%引き。

 このアイデア、禁煙家には最高だと思いますが・・・いかがでしょうか。

 服にまでタバコのにおいが・・・・

________________________________________________________________________________

最近は、非常に忙しいので、肉体的に精神的にモチベーションを上げることをしている。

肉体的には、これは体にはいいとは思わないが、栄養ドリンクを飲むこと。

精神的には、ハイテンションの音楽を聞く。最近は、クイーンの「伝説のチャンピオン」を聞くことだ。この曲の出だしはなぜかもの悲しい。そして、ボーカルのフレディ・マキュリーの運命を知っているからかもしれない。

「伝説のチャンピン」(このとき、すでに彼はエイズであることを知っていたのかも)

http://jp.youtube.com/watch?v=En9eiH4dTK0&feature=related

しかし、最近は限界を感じている。

ミスがあまりにも多いのだ。

あまりに多様な仕事をしており、もう限界かもしれないと深く反省している。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30