慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 菊澤ゼミのOB会と三田祭 | トップページ | 手帳 »

2008年11月25日 (火)

いま研究していること

 現在、本当に忙しい。なかなか研究が進まない。とにかく、いろんな論文を書いてほしいという依頼ばかりで、正直、パニック状態だ。自分の研究ができないのだ。

(1)三田商学研究の論文(退任記念の依頼論文)

(2)教科書の1章(依頼)

(3)シンポの1章(依頼)

(4)企業組織の不条理分析の論文(依頼)

 実は、いま、一番力を入れているのは、夏に出版した拙著『戦略学ー立体的戦略の原理ー』の続編というか、姉妹編であり、拙著『組織の不条理』の姉妹編でもある研究だ。

 タイトルはまだ秘密だが、軍事戦略論系の本である。この本では、

(1)『戦略学』でわかりにくいといわれた「心理的世界」と「知性的世界」の違いをもう少しわかりやすく説明し、

(2)しかもキュービック・グランド・ストラテジーについてもう少し原理的な議論を展開したいと思っている。

(3)さらに、最近、野中郁次郎先生が提唱しているマネージング・フローという考えに共鳴し、何とかこの考えを取り込むことができないかと思っている。

いろいろと考えているが、時間がない。しかし、時間があると、これがまただめなのだ。関心のあるわずかな方々、もう少しです。お待ちいただきたい。

 

« 菊澤ゼミのOB会と三田祭 | トップページ | 手帳 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

コメント

新しい本楽しみにしております。
CGSについてケーススタディの方を進められるのかと思っていましたが、より原理的な議論を展開されるというところは、意外でしたが、個人的にはとてもうれしいです。
お忙しそうですが、お身体はお大事にしてください。

Sato様

菊澤です。
コメントありがとうございます。

ケースよりもまずは原理の追求、「戦略の哲学」の展開という意気込みで、研究を進めています。

しかし、あらためて原理の研究というのは難しいものだ、と痛感しています。

企業組織の不条理分析の論文の件で,
お世話になっております。

別件ですが,
マネージングフローとキュービックのコラボ,
大いに楽しみにしております。

野中先生の理論とCGSがどのように交わるのか,
それともどのように対置されるのか。
今からワクワクしつつ待ってます。
とりいそぎ,感想まで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いま研究していること:

« 菊澤ゼミのOB会と三田祭 | トップページ | 手帳 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30