慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 私のクラウゼヴィッツ解釈の意図 | トップページ | これから秋に向けての予定 »

2008年9月25日 (木)

横浜の崎陽軒様にひとこと

 横浜には老舗が多いが、意外に良い店は少ない。これが私の印象だ。横浜駅に東口地下にある崎陽軒のレストランもそうだ。料理はそこそこおいしいのに、とにかくウエイターとウエイトレスに問題がある。

 席に座っていても、全然、注文を取りに来ない。とにかく、いやになる。そこで、こちらから、立って注文をお願いしにいく始末だ。

 ところが、ウエイターやウエイトレスが狭い店なのにどこにいるのかわからない。最悪だ。よく見たら、客と話をして盛り上がっているサラリーマ風のカッコしたやつがどうもウエイターらしい。

 こちらも、ウエイターだと気づかなかったし、最後まで向こうもこちらが注文お願いしていることに気づかなかったのか、無視したのかわからないが、結局、無視された。本当にセルフサービの学食のようなサービスだ。

 やっと、ウエイトレスを捕まえて、注文がとれた。注文をお願いするのに、これだけ時間がかかったのはこのレストランが初めてだ。自分の方がウエイターのようだった。いや――ひどいものだった。

 最後に、一言、崎陽軒様にお願いしたい。「ウエイターはウエイターとすぐわかる服にしてほしい。とにかく、ウエイターが客に混じってどこにいるかわからないようなユニフォームはナンセンスなので、やめてほしい」

料理はおいしいのに・・・・・・残念!

« 私のクラウゼヴィッツ解釈の意図 | トップページ | これから秋に向けての予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の崎陽軒様にひとこと:

« 私のクラウゼヴィッツ解釈の意図 | トップページ | これから秋に向けての予定 »