慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 経営哲学学会全国大会の紹介 | トップページ | ブログを使った間接アプローチ戦略 »

2008年8月29日 (金)

経営史学会の巨匠・巨人・大家

 いままでいろんな学会で、いろんな先生の報告を聞いたが、最近、最もすごいと思った先生がいる。経営史学会の巨匠、由井常彦先生だ。もう相当のお歳なのだが、そのオーラは、とにかくすごい。

 若い人にとって、そして私のような若輩ものでも、学会発表となると、緊張するものだ。だから、顔はこわばり、報告が終わった後は、ほっとする。まったく余裕などないものだ。

 しかし、由井先生は違っていた。

 終始、ニコニコと、本当に楽しそうに、語られる。もう本当に学問が好きで好きでたまらない。そういったオーラで、満ちている。自分も、年をとったら、あのように楽しそうに説明できるかなあ~、そうなりたいなあ~と、本当に思ってしまうものだ。

 今回の経営哲学学会では、その経営史学会の大家、由井先生が登場してくださる。そのご講演内容だけではなく、その報告される姿にも、ぜひ注目してほしいものだ。とくに、若い研究者にはぜひともみてもらいたい。きっと何かを感じるはずだ。

« 経営哲学学会全国大会の紹介 | トップページ | ブログを使った間接アプローチ戦略 »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営史学会の巨匠・巨人・大家:

« 経営哲学学会全国大会の紹介 | トップページ | ブログを使った間接アプローチ戦略 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30