慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月25日 (日)

経営哲学者としてのCSR

 今回は、CSRに関する私の見解第二弾です。つまり、経営哲学者としてCSRについて述べたい。

 CSRとは企業の社会的「責任」である。今日、どこの学会でも、CSRをテーマにした報告は必ずある。そして、そのような本もたくさんある。そして、CSRを語るいかがわしい学者がたくさんいる。また、CSR活動を重視していると宣伝する会社もたくさんある。

 しかし、経営哲学者として私は、いま多くの研究者や会社が説明している議論にはとても不満だ。なぜか。哲学的にいえば、とくに私はカント哲学に立つのだが、「責任」という概念は単独の独立した概念ではないからだ。

 「責任」と「自由」はセット、対概念なのだ。その関係は、以下の通り。

(1)自由=人間は自らの意志を唯一の原因としてある行為を行うことができる。それは、自分の意志以外に原因がないので、自律的行為であり、それが人間の「自由」だ。(誰かに言われたので、私は行動した。これは自分の外に行動の原因があるので、そのような行動は他律的行動という。それはAならばB、BならばCの因果的行動)

(2)責任=以上のような意味で、人間が自由な行動をして、失敗したらその結果に対する責任は他でもなく、自分にある。というのも、自分の意志がその行為の唯一の原因だからである。それが「責任」だ。(他律的行動には、責任の概念は成り立たない。原因が無限にさかのぼれるからである)

 

Knt

以上がカントの道徳哲学(実践理性の哲学)であるが、この観点からすると、社会に対して「自由」を勇気をもって行使していない企業に、「社会的責任」など感じるはずがないのだ。

 自由の意味を認識しないで、「社会的責任」論など、チャンチャラおかしい!!!!もっと真剣に哲学を勉強してほしい!!!!!!!

そんな会社は、カントの言葉でいうと、啓蒙されてない会社なのだ。怖くて、自由意思にもとづく行為ができていないのだ。そんな未成年に「責任」なんか問えるわけがないのだ。

もし「社会的責任」ある行為をしたいなら、その前に社会に対して「自由」な行為を起こしてほしいものだ。それは、たとえば「もうからなくても、わが社はこれをやる。その責任はほかでもなく、わが社にある・・・・」という行為だ。

 以上の意味、難しいかなあ。たぶん私のブログで、「命令違反が組織を伸ばす」をめぐって、私がこれまでなんども述べていたことを理解している人は上記の意味がわかるかな。

2008年5月19日 (月)

日本フードサービス学会でー普通人としてのCSR

 5月10日、青山学院大学で、日本フードサービス学会でご招待されて、コーポレート・ガバナンスのお話を少しさせていただいた。私とペアを組んでくださったのは、マクドナルド社の社長であった。

http://www.jfgakkai.jp/

 フードサービス学会はフードサービス協会と結びついているので、普通の学会とは異なり、すべてがそろっていて驚いた。何がそろっているのか?休憩室には、上島コーヒーあり、ミツカン酢の健康ドリンクあり、・・・・・・とにかく素晴らしいのひとことだ。

 さて、今回もそうなのだが、とにかく最近はどのこの学会でもCSR「企業の社会的責任」ばやりだ。そして、経営学関連の学会では、大抵、CSRと企業の業績の関係が議論され、結論として「CSRに力を注げば、業績を上がる」という甘い認識で思わるものだ。

 そして、このような議論を聞いて、大小の会社の担当者も納得し、気分よく、帰宅できるというすじがきだ。しかも、こういった風潮に乗っかって何かメリットをえようとするあやしい学者も多い。

 さて、CSR問題に対する私の考えは、それほど体系的に整理されているわけではないが、少なくとも以下の三つの立場にわけて、考えている。

(1)一人の普通人としての立場からの見解

(2)経営哲学者的立場からの見解

(3)経験科学的経営学者的立場からの見解

本日は、(1)の立場での意見を書かせていただく。

 上で述べたように、今日、多くの企業がCSR活動に関心をもっており、その活動をすれば業績があがると思っているように思える。また、リスクを避けることができるリスクマネジメントだと思っているかもしれない。つまり、もしかのための保険だ。だれでも保険に入っておくということだ。

 しかし、私は、一般人として言いたいのは、「社会的責任」を負えるような会社は選ばれた会社だ、ということだ。どんな会社も社会的責任など負いたくても負えないのだ。そんな資格はないと言いたい。

 では、選ばれた会社とはどんな会社か。その答えは、簡単だ。つぶれたら、多くの人たちが涙を流して悲しむ会社だ。従業員が泣き、消費者が泣く会社だ。ステークホルダーズが泣く会社だ。

 そんな会社はどれだけあるだろうか。ほとんどの会社はつぶれても一部の人々は泣くが、多くの消費者はどうとも思わないだろう。むしろ、いつの間に倒産したのかとか、あんな会社なくてもよかったとか、当然だとか言われる会社が意外に多いかもしれないのだ。

 そういった観点からすると、「不二家」は社会的責任を負っていることが今回の事件ではっきりわかったと思う。たくさんの従業員、フランチャイジーが泣き、たくさんの消費者が泣いてくれて、生き残ったのだ。それはつぶれてはいけないのだ。社会的責任を背負っているのだ。同じように、マクドナルド社、吉野家、赤福にはファンがたくさんいるのだ。

 では、「吉兆」はどうだろうか。主観的な観点からすると、どれだけ泣く人がいるだろうか。

 こういった観点に立つと、だれでもCSRなんて口にするなあ~、まだ10年早いぞ!と言いたくなる会社もある。

以上が、(1)の立場にたった一般人としての私の意見である。 

2008年5月16日 (金)

本の辞書か電子辞書か

 娘が中学校に入学したとき、わが家でひとつの論争が起こった。

  「英語の辞書は本か、電子辞書か」

 娘の中学の英語の先生と家内は、英語の辞書は本でなければならないと主張した。人間は苦労して辞書をくって単語を覚えるものだというのが、その理由らしい。

 私の意見は逆だ。電子辞書はとても便利だ。時間の短縮になる。手間が省けるし、すぐに状況に対応できる。さらに、苦労しても単語を暗記する保証は、まったくなく、苦労だけが残るかもしれない。

 みなさんは本の辞書派だろうか、あるいは電子辞書派だろうか。

 私は性格が悪いので、娘の中学校の英語の先生は、昔、そうして苦労して英語を覚えたので、変化しようとすると、大きな埋没コストが発生するのではないか?とか、これまでそのように生徒に指示してきたので、いまさら電子辞書に変化できないのではないか?とか、取引コスト理論的に疑ってしまうのだ。

 つまり、「不条理」に陥っているのではないかと思うのだが・・・・・

2008年5月 5日 (月)

伝統を守るということ

 ここ数日、本当に忙しい日々を送っている。連休というのに、ためていた仕事をしている。

 さて、それにもかかわらず本日は書きたいことがある。

 私は、横浜に住んでいるのだが、横浜にはたくさんの老舗がある。伝統のあるレストランがある。伝統あるレストランというと、みなさんはどのようなイメージをいだくだろうか。私の経験では、以下の3つのタイプに分かれる。

(1)伝統を守って(あぐらをかいて)何もせず、そのまま衰退してゆくレストラン。

(2)伝統を守って絶えず努力し、いつの時代も客の期待を裏切らない進化するレストラン。

(3)伝統を守って、少し危ないかもしれないレストラン。

さて、私の家の近くにある伝統的なレストランはどうだろうか。

(1)のタイプのレストランは、「馬車道十番館」だ。このレストランは、本当に素晴らしい。値段もサービスもいい。いつ行っても損した気分にならないレストランだ。特に、ランチはお勧めだ。

http://www.yokohama-jyubankan.co.jp/

また、中華街では、多少高くても絶対に損をしないのは「萬珍楼」だ。ランチはリーズナブルで本当にお得だ。中華街で、安くておいしいところという考えは捨てた方がいい。いろいろといったが、大抵、安い店はまずくて騒がしい。

http://www.manchinro.com/

(2)のタイプのレストランは、伊勢佐木町にあった不正発覚前の不二家レストランだ。ロケーションは抜群。知名度も抜群だったが、何度いっても、味には疑問をいだいていた。そして、事件が発覚したとき、やっぱりと思った。

このような店は元町にも意外に多い。そして、本日、経験したのはフランス・レストランで有名な「かをり」だ。がっくりだ。伝統あるのだから、もっと頑張ってほしいものだ。

(3)微妙な位置にいるのは、鉄板焼きの「瀬里菜」、ホテルニューグランドのカフェー、

さて、今度はどこにいこうかな~

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30