慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 第3の不条理 | トップページ | 伝統を守るということ »

2008年4月28日 (月)

なぜ上司とはかくも理不尽な

 昨日、菊澤ゼミの1期生の海老沼君から、「R25」というフリーペーパーに拙著『なぜ上司とはかくも理不尽なものなのか』扶桑社新書が掲載されているというメールをもらった。

http://r25.jp/magazine/book_review/1032008042401.html

 お恥ずかしいことに、「R25」という雑誌の存在すら知らなかったのだが、どうも部数が多いらしい。したがって、本の売れ行きも上がるのではないか、と期待したが、こういうときに限って、アマゾンでは本が売り切れているのだ。

 拙著『組織の不条理』のときもそうだったし、『業界分析 組織の経済学』のときもそうだった。ついていない。

   なぜ上司とは、かくも理不尽なものなのか (扶桑社新書 16)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E3%81%8B%E3%81%8F%E3%82%82%E7%90%86%E4%B8%8D%E5%B0%BD%E3%81%AA%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B-%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-16-%E8%8F%8A%E6%BE%A4-%E7%A0%94%E5%AE%97/dp/4594054676/ref=sr_1_6?ie=UTF8&s=books&qid=1202316569&sr=1-6

 さて、ここ数年来、私の関心は一般のビジネスマンにあり、どうしたら彼らが関心をもつような本が啓蒙書が書けるのか、そんなことばかり、考えてきた。

 しかし、最近、もっとアカデミックな研究をしようかなあ~と思うときが多くなってきた。今年のゼミ活動のコード・ネームも「アカデミックの復権」としたが、・・・・・・これまで、シカゴスタイルを目指しているといって数式を避けてきたが、ちょっと気取って数式をつかってみようかなあ~という気分になりかけている。しかし、下界に長くいすぎて、もうもどれないかもしれないなあ~

« 第3の不条理 | トップページ | 伝統を守るということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ上司とはかくも理不尽な:

« 第3の不条理 | トップページ | 伝統を守るということ »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31