慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月23日 (土)

組織の不条理の重版決定

 少しの休息の後、また異常に忙しくなり、体調も悪いこの頃。

 さて、今回は、うれしいことに昨年から絶版になっていた拙著『組織の不条理』ダイヤモンド社が重版されることになりましたので、そのことをご紹介してみたい。おそらく3月には出来上がるのではないかと思います。

(現在、以下のジュンク堂(池袋)にたくさん置いてあります。)

http://www.junkudo.co.jp/search2.jsp?ARGS=%8Be%E0V&VIEW=word&x=27&y=8http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0100826594

大手町の紀伊国屋にもります。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/hb/otemachi/wshosea.cgi?W-NIPS=9974195721&MAPM=1#FMAP

三省堂にもたくさんあります。

http://www.books-sanseido.co.jp/reserve/zaikoDetail.do?pageNo=1&action=%8D%DD%8C%C9&isbn=447837323X

八重洲ブックセンターにもたくさんあります。(組織の不条理と打ち込んでください)

http://yaesu-book.jp/netshop/index.cgi

ダイヤモンド社からネットで購入できます。

http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-37323-X

関心のある人は、ぜひ購入してください。これで絶版になるかもしれませんので。

菊澤研宗著『組織の不条理』 

アマゾンではまだ重版されたことがわかっていないのか、高い値の中古が売っています。

447837323x http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%9D%A1%E7%90%86%E2%80%95%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%99%B8%E8%BB%8D%E3%81%AE%E8%BD%8D%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%8F%8A%E6%BE%A4-%E7%A0%94%E5%AE%97/dp/447837323X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1202316569&sr=1-2

 さて、この本は、マニアの方々はよく知っているのだが、超ベストセラー『失敗の本質』ダイヤモンド社を意識して書いた本である。

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E8%AB%96%E7%9A%84%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%88%B8%E9%83%A8-%E8%89%AF%E4%B8%80/dp/4122018331/ref=pd_sim_b_img_1

二つ本の違う点は以下の点だと思います。
(1)『失敗の本質』の分析視点は、人間の完全合理性の立場にあるのに対して、『組織の不条理』の視点は人間の限定合理性にある点。
(2)『失敗の本質』は、軍事の歴史に重きがおかれているのに対して、『組織の不条理』は理論に重きが置かれている点。
そして、
(3)『失敗の本質』は異常に売れたが、『組織の不条理』はそれほど売れなかった点。
たぶん、(3)が一番の違いだと思いまあ~す。関心のある方は読み比べてみてください。

2008年2月21日 (木)

学校に行くか、大学にいくか

 最近は、なかなかブログがかけないほど 本当に忙しかった。本日は、気分転換に、思い出話をひとつ披露したい。

 さて、かつて私は「防衛大」で教えていた。多くの人たちは知らないのだが(関心がないかもしれないが)、防衛大は文科省の管轄ではなく、防衛省の管轄なので、正確な名称は、「防衛大学(誤)」ではなく、「防衛大学校(正)」、つまり大学ではなく、学校なのだ。

 この点を気にしていた当時の同僚の先生が、「この点がかっこ悪いので、学会で報告するときには、レジメやプログラムには(防衛大学)と書くことにしているだ」といっていた。

 さらに、「九州では、まだ防衛大に関心が高い人が多いので、九州の大学で学会があるときには、せっかくこちらが(防衛大学)と意図的に書いてレジメを提出しても、(防衛大学校)に訂正されて帰ってくるので、困るんだなあ~」といっていた。

 この会話以来、私もこの点がやたらに気になるようになった。確かに、福岡大学で学会があり、私も発表者として(防衛大学助教授 菊澤研宗)と書いてレジメを提出したら、(防衛大学校助教授)に訂正されていた。驚いた。

 そうか、私は軍事の専門学校の先生なんだあ~、大学の先生ではないのかあ~

確かに、卒業生で、自衛隊を止めて、就職したら、最終学歴が専門学校卒だったといっていたのもいた。

 こうなると、ますます気になって、日常でも困ることが起こってきた。普段、家にいて、家内や子供たちに、いままで何気なく、「いまから(大学)にいってくる」とか、「(大学)にいってきた」といっていたが、これは間違いなのだ。正確には、「いまから(学校)にいく」とか「(学校)から帰ってきた」とかいわなければならないのだ。

 だから、防衛大を退職し、一般大学に転職したときに、一番うれしかったことのひとつは、「いまから(大学)にいってくるよ」と正々堂々といえることだったなあ~

 人間が小さくてすみませんという感じかな?

防衛大(学校)に関心あるひとは

http://www.nda.ac.jp/index-j.html

 

2008年2月13日 (水)

菊澤ゼミ3期生募集について

菊澤です。

菊澤ゼミ3期生の募集について、以下の点にも注意してください。

(1)菊澤ゼミでは論文形式のレポートを書かせ、いいものはどんどん発表させていきます。通常、レポートは、eメールを利用して昼でも夜でもやり取りし、添削します。

 したがって、携帯電話ではなく、PCでメールで論文をやり取りできるような学生を求めています。私の方もいつも非常に忙しいので、メールですぐにやり取りできる学生だととてもありがたいですね。

(2)パワーポイントをゼミでは多用します。しかし、パワーポイントはゼミに入ってから何度も発表させますので、すぐにマスターできると思います。特に、事前にマスターする必要はありません。

(3)その他、質問があれば、遠慮せずにメールをください。

2008年2月10日 (日)

本とサイン

 昔、ダイヤモンド社から『組織の不条理』2000年を出版した。

 447837323x 当時、私はまだ若くて、学者としてもまったく無名、「ペイペイ」という擬声語で表現できるような存在だった。もちろん、いまも、無名に近いのだが・・・・、そんな私に、こともあろうことか、「本を買ったので、サインをしてほしい」という読者が当時何人かいた。

 「サインなんて」と私も恥ずかしい気持ちで応じたことをいまも思い出す。「こんな無名の人間のサインを本に書いたら、古本屋で本を売るときに、逆に安くなるのにあー・・・馬鹿だなあー」と思ったし、いまも思っている。とても申し訳ない気持ちになったことを思い出す。

 また、私自身、字が下手なので、この点でもサインは嫌いだ。大学で最近授業評価とうものがはやっているのだが、日大では大抵黒板の字が汚いので、なんとかしてほしいというコメントがある。

 しかし、このダイヤモンド社『組織の不条理』がいま絶版になっており、現在、アマゾンで中古が販売されているが、その値段が5000円以上している。

アマゾン『組織の不条理』

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%9D%A1%E7%90%86%E2%80%95%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%99%B8%E8%BB%8D%E3%81%AE%E8%BD%8D%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%8F%8A%E6%BE%A4-%E7%A0%94%E5%AE%97/dp/447837323X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1202316569&sr=1-2

 この値段を見て、昔、この本にサインした人に対して、何か義理を果たしたような気持ちになってしまう。

 しかし、私のサインがなければもっと高くなるかなあ~

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30