慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 上海での国際シンポ参加 | トップページ | 講演会 »

2007年12月22日 (土)

日本経営学会でのコメンテータ

 12月15日に日本経営学会関東部会で、コメンテータをした。

今回のテーマは、公共経営に関する内容のシンポジュムで、私はこの分野での専門外ではあるが、コメンテータを行った。

1990年代から、公共経営学(行政学)は、ニュー・パブリック・マネジメントとの名前のもとに新しい展開をしているのだ。より明確により多く民間経営の手法を取り入れるという動きだ。

とくに、ニュー・パブリック・マネジメントは実は「新制度派経済学」を理論的基礎としているので、どうも私が呼ばれたようだ。

3人の先生方が報告した。1人は行政学の先生、1人は社会学系の先生、1人はドイツの先生であった。みなどちらかという日本経営学会外の人たちという感じだ。

私は、日本経営学会にそれほど関心がないのだが、このように外部の人たちで学会の発表が構成されると、なぜか、「他の分野の先生に経営学会のレベルが低いと思われてはいけない」とう気持ちになってしまうものだ。

 さて、今回、司会は日本大学の桜井先生が担当されていたが、私を最初に紹介してくれたときに、私の名前を間違えて発音した。

        「菊澤研宗(誤り キクザワ ケンソウ)」

          (正しくは、キクザワケンシュウ)

すると、会場のどこかで「ケンソウだったんだ」という声が聞こえた。私は心の中で(ケンソウではなく、ケンシュウだぞ!!!!)と叫んだ。

私は観客席にいたので、直ぐに訂正できず、(私が「コメント」するとき、もう一度私を紹介してくれるだろう。そして、そのとき、きっともう一度間違えるだろう。そうすれば、コメントする最初でのところで、「私はケンソウではなく、ケンシュウです」といって、笑いでもとろうか)と考えた。

そして、私がコメントするときがやってきた。司会の桜井先生は以下のようにいった。

「では、コメンテータの菊澤先生、よろしくお願いします」

なんで間違えてくれないの?

« 上海での国際シンポ参加 | トップページ | 講演会 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本経営学会でのコメンテータ:

« 上海での国際シンポ参加 | トップページ | 講演会 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30