慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 『命令違反が組織を伸ばす』に関するブログNO3 | トップページ | 新しい研究に向けて »

2007年9月21日 (金)

なぜ和式のトイレが・・・

 これまで、このブログでは真面目な話ばかりしてきたので、少し気分転換に、軽い話をしてみたい。

 秋学期から、ロースクールで経営学の講義を行うことになっているので、先日、教室を見に行った。私は、パワーポイントを使用するのだが、スクリーンの位置とコンピュータの位置があまりに近すぎて、非常にやりにくい状態だ。

 そこで、スクリーンからコンピュータを離そうとすると、横に「OHP」の装置があり、コンピュータが置けないのだ。やりにくい。このOHPの装置を何とかしてほしい。(大抵、どこの大学でも、なぜかいまだにOHPの装置が置いてあるものだ。)

 だんだん腹が立ってきて、心の中で「いまどき、だれがOHPを使うんだ!!!、こんなものはじめから購入するなあ!!!」と叫びたくなった。

 そのとき、このまったく同じ現象を思い出した。

 これは男子トイレのことだが、大抵、どの大学でもトイレには、大便のトイレが二つか三つはあるものだ。しかし、なぜかそのうちの一つは和式の大便トイレだ。そして、大抵、洋式のトレイはいつも満杯で、和式だけが残っているケースが多い。

 このとき、心の中で、「いまどきだれが和式のトレイを使うんだ!!!こんなものはじめからつくるなあ!!」と叫びたくなるのは、私だけだろうか?

 

« 『命令違反が組織を伸ばす』に関するブログNO3 | トップページ | 新しい研究に向けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても共感いたします。
私の場合、コンピュータを新しくしても必ず着いてくる電話回線用モデムを見ると、同じような心境になります。もう、私は今世紀になってから一度もモデムを使っていないように思います。

コメント、ありがとうございます。

同じような現象があるのですね。これは、日本的な特徴なのでしょうかね。

二期生酒井です。

トイレの話ですが、世の中には潔癖な人間がいて、洋式トイレが「どこの誰とも分からないヤツの尻が座った場所」であることが気になってしまうそうです。それで肌の接触のない和式のほうを好むようです。
そのような需要のために和式は未だに残っているんじゃないでしょうか。

菊澤です。

なるほど、確かにそのような人もいるでしょうね。ただし、全体の需要でいえば、少ない(10%以下)ようにも思います。

これに対して、供給は2つのトイレのうちの1つ(50%)であったり、3つのうちの1つ(33%)であるケースのが多いので、何か超過供給の感がありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ和式のトイレが・・・:

« 『命令違反が組織を伸ばす』に関するブログNO3 | トップページ | 新しい研究に向けて »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31