慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 『命令違反が組織を伸ばす』のブログNO2 | トップページ | 『命令違反が組織を伸ばす』に関するブログNO3 »

2007年9月17日 (月)

『命令違反が組織を伸ばす』のカント的人間関係についての注釈

拙著『命令違反が組織を伸ばす』をめぐって、たくさんのご意見ありがとうございます。中でも、みなさんからの一番多い疑問は、以下のものです。

(1)そもそも「カント的人間関係」とは何か。

(2)なぜこのようなカント的関係に、私がこだわっているのか。

(3)このような哲学的議論は、新制度派経済学とは相容れないのではないか。

このような疑問は、カントの哲学に関する私の説明不足に起因するものではないかと思います。「カント」という名前に惑わされて、多くの方が不要な妄想をいだかれたからではないかと思います。

 

これまで、カントについて説明するのに時間がかかりそうなので、多くの人々の質問に対しても、あいまいに答えていましたが、以下、まずカントについての話からはじめ、上記の問題に答えてみたいと思います。

最終的に、私がいいたいのは、以下のように「認識」と「実践」は異なるということです。

●現実の組織において「良い命令違反」が存在することを、(組織の経済学を利用して)だれでも容易に認識・理解できる。

●しかし、それを実際に実行することは相当難しいということ。というのも、それを実行できる組織の条件が「カント的人間関係」が成り立っていることだからです。(以下の議論はまだ不完全なので、今後も洗練して行くつもりです。)

1 カントの人間観

カントは、元祖「批判主義者」です。人間が神ではないことを、それゆえ人間が限定合理的であること、それゆえそのような限定合理的な人間の立場に立ってはじめて人間の立場に立った哲学(いままでは神の立場に立っていた)を語り始めた人です。(後にこの点を批判して独自の哲学を展開するのがヘーゲルです。ヘーゲルによると、人間が神ではないということは、人間を神の外に置くことであり、神と人間の間に線を引くことになり、それは無限の神の概念と矛盾するということです。)

カントの人間観は二元論的です。一方で機会主義的な行動をとる人間像を仮定しています。つまり、人間は一方で動物のように、外から与えられたモノ(お金、食べもの、良い生活)に飛びつくような他律的な存在(行動の原因が自分の外にある行動)、それゆえ因果論(原因―結果)に従う動物のような存在であり、自己利害を追求する存在だと仮定しています。

しかし、それだけではなく、人間は「そのような機会主義的行動は良くないことだ」ということを意識する意識ももっているとします。そのような意識は「理性の事実」としてだれもが認めることができるとします。

ここで、もしこの「理性が存在するという事実」を認めるならば、人間には因果法則に抵抗する意識、外から餌(お金や良い職務・地位)が投げかけられても因果論的に他律的に動かないような意志があるということ、つまり因果法則に抵抗するという意志、他の要因にとらわれない意志、つまり逆に自らはじめる意思、自律的な意思、それゆえ「自由意志」が存在すると考えたわけです。

お金やモノに囚われない意志、モノにつられないで自ら行為する意志、つまり自分自身を唯一の原因として行動する自由な意志です。このような自由意志に従う行為の唯一の原因は自分なので、その行為の責任は他でもなく自分にあるということ、これが動物とは異なる人間としての責任であるということです。そして、この自由意志の存在が、動物ではなく、人間の存在意義なのだというわけです。

以上のことから、カントの人間観は、(1)人間は一方で欲望やお金にとらわれる他律的な動物であり、(2)他方で欲望や因果にとらわれない自律的な自由意志をもつ理性的存在でもある、という二元的な人間観なのであり、人間は自己利害を他律的に追求するとともに、自律的に自由意志もとづいて責任ある行為もするという人間観です。キリスト教的にいえば、人間は動物と神の間にいるということでしょうか。

2 カントの哲学

このような人間観にもとづいて、カントは以下のような議論を展開したわけです。

(1)『純粋理性批判』で解かれている問題(認識論)

限定合理的な人間、つまり因果論に従う他律的な人間は、因果論的に展開されている現実世界を、最低、どこまで認識できるのか。(科学方法論の問題)

(2)「実践理性批判」で解かれている問題(道徳論)

限定合理的な人間には、因果に対抗するような自由意志があり、この自由意志にもとづいて、最低、何がなしえ、何をなすべきか。(自由と責任(道徳)の問題)

(3)「判断力批判」で解かれている問題

限定合理的な人間が、以上のような人間らしい認識と人間らしく自由意志に従って行為するならば、人間は最低何を望んでもいいのか。(幸福を望んでもいいのか)

3 カント哲学と私の研究や議論との関係

上記のカントの(1)の部分『純粋理性批判』に対応しているのが、私の新制度派経済学研究であり、

上記カントの(2)の部分『実践理性批判』に対応しているのが、私が『命令違反は組織を伸ばす』の最後に書いている「カント的人間関係」に関係している研究です。

そして、これら(1)新制度派経済学研究と(2)哲学的な議論の関係は以下の通りです。

(1)私が研究をしている新制度派経済学は、カントがいう限定合理的人間が因果法則に従って行動する側面を分析し、説明し、そして政策提言するだけの学問です。それを実践することは含まれていない。

(2)しかし、そのような分析、説明、政策はすべて不完全です。不完全なので、そのような分析、説明、制度政策は、実際に応用され、実践を通して絶えず進化させる必要があります。このとき、人間は限定合理的なので、集団となって相互に批判的に議論し、誤りを排除して、真理に接近する必要があります。

(3)このように、実践的に批判的議論を通して知識を真理に接近させるためには、議論は物別れやドグマや、暴力による決着を避ける必要があります。あくまでも、どこまで認め、どこまで認めないかを確定するような相互批判的な議論が展開されないと、知識や制度は実際には進化しません。単なる否定や単なる肯定は避ける必要があるのです。

どのようにして、経験科学的な議論を実際に応用し、それを洗練して、さらに進歩させるのか。つまり、どのようにして、暴力やドグマや単なる否定による決着を回避するのか。どのようにして、相互に、批判的で実り豊かな議論ができるのか。これが問題になります。

(4)このような批判的な議論を展開するには、人間同士が互いに、物でも神でもなく、各自限界はあるが、自律的な自由意志をもつ一人の人間として相互に尊重し、相互に相手の立場を認めつつ、批判的議論を通して問題を発見する必要があるということです。これを私は「カント的な人間関係」と呼んでいます。つまり、自由意志を持ち、それを相互に認め合う人々の集まりです。

このような「カント的な人間関係」のもとでは、議論を展開する場合、相互に相手を動物のようにみないので、簡単に相手の議論を否定しないでしょう。また、個々人は自律的なので、誰かの賄賂にものらないでしょう。批判的議論を通して、制度や解決案に問題がでれば、また新制度派経済学によって分析し、より優れた説明を行い、より良い制度を作るということです。 

 以上が私の立場です。

(1)   新制度派経済学による研究は、あくまで理論的な可能性を示すこと、説明すること、政策提案するだけです。(理論理性の問題=経験科学の説明問題=認識問題)

(2)   この理論的な可能性、説明、政策提言を実際に、適応し、実行するには、カント的な人間関係が必要だということです。(実践理性の問題=実践哲学の問題=実践問題)

4 良い命令違反の可能性を理解するのは容易だが、命令違反を実践することは難しい。

 

以上のように、私が述べている「カント的人間関係」とは、人間の自由意志を尊重し、上司も部下も互いに相手を「物」として扱わないこと、あくまでも一人の自由意志(目的)をもつ人間として扱うこと、それゆえ上司は部下を自分の目的の単なる手段(物)として扱わないこと、部下も上司を自分の目的の単なる手段(物)として扱わないことを意味します。(ゼミでいえば、ゼミ員である一人の学生が、私や菊澤ゼミを自分の就職のための単なる手段として使用しないことです。モノとして扱うようなゼミは、動物的な組織です。このようなゼミは、もっと良いゼミから声がかかると、すぐにゼミを変更するようなメンバーからなっていることになります。)

このような「カント的な関係」のもとでは、上司は部下に命令を下すときも、部下を単なるモノとして命令しない。また、部下も上司の命令に従いながらも上司を単なるモノとしてみないという関係です。

議論のときにも、部下は自分の目的を達成するための手段として上司を利用しないこと、上司もまた自分目的を達成するために部下を単なる手段としないこと、これだけです。(相互に目的であるとともに手段であるという関係は認められます。一方的にどちらかだけが手段という関係は不可です。)

上司が議論において部下をモノのように扱うということは、部下が意見具申しても、上司はモノや動物がいっている意見として無視することです。同様に、部下が上司をモノとして扱うとは、上司の命令を物や動物が述べるようなこととして、自分の目的に合わないときには、影で手を抜き、自分の目的にあうときだけ、聞きいれるという関係です。

カント的な上司と部下の関係とは、上司は自分が神ではなく、動物でもなく、限定合理的な人間であるがゆえに、自分の命令が完全でないことを知っている。同様に部下も限定合理的な人間であることを知っている。そのような上司が発する命令は正しいときもあるし、間違っているときもある。このとき、部下は上司を単なる上に位置するロボットのようにみなし、その命令にただ従うだけではだめだということです。上司を人間として扱い、その命令を一度は自ら批判的に議論する必要があるということです。

このようなカント的関係が成り立たない組織で、メンバーが拙著『命令違反は組織を伸ばす』で説明した基準で、何が良い命令違反であるかを認識することはできると思います。しかし、その「良い命令違反」をそのまま行うことは危険です。

カント的な人間関係が成り立っていない組織で、「良い命令違反」を行っても上司から単なるモノとして否定され、組織から追い出されるでしょう。現在の日本社会、日本の企業組織では、このような「カント的な人間関係」が成り立たない世界である可能性が高いので、「良き命令違反」の存在は容易に理解できても、それを実行することは危険なのです。

しかし、私がいっているカント的な人間関係は決して空想ではありません。優秀な人物数名からなる友人同士では可能な場合があるからです。このような世界では、良い命令違反はありえ、しかも実行することもでき、そしてそのような組織は伸びるのです。このようなカント的人間関係を作ることが、管理者、リーダーの役割の一つなのです。

このような「カント的な人間関係」が、一瞬であったかもしれませんが、ペリリュー島の中川大佐率いる軍隊にも、硫黄島の栗林中将率いる軍隊にもあったのではないかと思います。両者とも、本土から島に降り立っときの訓示として、「兵士をあまり殴ってはならない」と述べています。そこには、単なる形式上の上下関係はなかったのであり、あくまで死を共有する同志だったのではないかと思います。

« 『命令違反が組織を伸ばす』のブログNO2 | トップページ | 『命令違反が組織を伸ばす』に関するブログNO3 »

11)ポパーとカントの哲学」カテゴリの記事

コメント

ここで言う組織とは何をさすのでしょうか。国?企業?学校?そんなことを考えながら、最近、「ヒトデはクモよりなぜ強い」という本を読みました。上に立つ者の命令が下に伝わるトップダウンの構造がある中央集権型を「クモ型組織」と、責任者のいない、権限が分散された分権型を「ヒトデ型組織」と呼んで、「21世紀はリーダーなき組織が勝つ」というのです。MGMvs.ナップスター、AT&Tvs.スカイプ、スペイン軍vs.アパッチ族、アメリカvs.アルカイダ。「カント的な人間関係」はヒトデ型組織に構築されやすいのでしょうか。

コメントありがとうございます。

●クモ型とヒトデ型という観点からいえば、「カント的な人間関係」はヒトデ型だと思います。

●用語かえると、「因果法則に従う機械論組織」と「目的論に従う有機体組織」という観点からすると、「カント的人間関係」は「有機体組織」となります。

●企業組織のイメージでいうと、成功的な分権型事業部制組織です。

(×)失敗的な分権型組織
本部の力が強すぎて、各事業部を単なる手段としている組織(分権の意味なし、自由意志なし)

(×)失敗的な分権型組織
本部の力が弱すぎて、各事業部が本部を単なる手段として活動している組織(各事業部が同じ工場を持つという非効率的な多重投資)

(●)成功的な分権型組織
本部と事業部が相互に目的であるとともに相互に手段となる関係、どちらも単なる手段とはならない関係、有機体的な関係、本部と事業部が非常に良い距離にある状態です。

ご回答ありがとうございます。
欲張ってもう一つ質問させてください。
垂直統合されたインテグラル型組織と水平分業されたモジュール型組織の観点からは「カント的人間関係」はどちらになるのでしょうか。摺り合わせで、ものづくりをすることが得意な日本企業とベストなものを組み合わせるのが得意な米企業では、現状では米企業が成功しているように思います。一方、「カント的人間関係」はインテグラル型の組織に生まれやすいく、標準化されたモジュール型組織には馴染まないと思うのです。そう思うと先のクモとヒトデの話につながらない気がするのです。

菊澤です。

カント的人間関係は、基本的に効率性とは必ずしも対応する関係ではありません。効率性に関する議論は、あくまで人間の動物的側面、因果論に従う側面(機械的側面)の話になります。

ここからが難しい話なのですが、カントによると、人間は動物的に因果的行動するので、そような効率性を追求する組織で生きることができます。

 しかし、そのような組織は弱い。というのも、動物的な人間組織なので、外からえさを投げると、つまりより高い報酬でつると、組織はバラバラになり、崩壊します。

 しかし、人間は因果に抵抗する自由意志ももつ。その意志を認めるような関係、それがカント的な関係なのです。この関係が、効率的な組織に重複して存在していると、外からえさが投げかけられても人間は自由意志にもとづいて動かないので、組織は強いわけです。

 私は、詳しくないのですが、インテグラルとモジュールは、いずれも因果論にもとづくデザインのように思えます。両方とも、カント的人間関係がそれに重複できるかどうかで、良い組織になると思います。

 ただし、因果論的組織とカント的人間関係を重複するのは難しく、イメージとしては私が何度もいっている批判的合理的議論ができる、それゆえ絶えず進化できる効率的な生産組織だと思います。

 そのような批判的合理的議論が可能な組織であれば、インテグラルでもモジュールでも、anything goes! だと思います。

先生、anything goes!といわれましても・・・。因果的行動により、効率性を追求する組織にとっぷり浸かってきましたし・・・。たぶん私の周りでは「カント的人間関係」を実践できている組織がないからでしょうか、私が理解できていないからでしょうか、なかなか想像がつきません。本田技研工業の「ワイガヤ」とかトヨタ自動車の「カイゼン」を想像すればいいのでしょうか。「はてな」や「グーグル」のような企業でしょうか?
先生の新しい研究の一つ「まったく新しい戦略論の研究(実用可能性を探っている)」は「カント的人間関係」による戦略論になるのでしょうか。もっと理解できるように今後とも勉強させていただきます。

先生、大変詳しい解説をありがとうございます。
「このようなカント的人間関係を作ることが、管理者、リーダーの役割の一つなのです。」と触れらていますが、カントの人間観の第二番目に書かれている「他方で欲望や因果にとらわれない自律的な自由意志をもつ理性的存在でもある。」という人間の側面を引き出すことが重要なキーかと思いました。

しかし、そのような面を引き出すためには、やはり、「リーダシップ」というものに頼らざるを得ないということとなるのでしょうか。

様々な有名な方々の研究において、「リーダシップ」という言葉がとても多く用いられていることに気づき、私は逆に「リーダーシップ」とうい言葉に少々懐疑的な印象を持つようになりました。

例えば以下のようなものです。

■「組織変革は8段階ある!」
→「そのような変革を成功させる組織では、リーダシップがキー」

■「知識創造(イノベーション)が重要!」
→「そのようなイノベーションを創造する組織では、リーダシップがキー」

これらは、少々極端に書かせていただきましたが、「リーダーシップ」という言葉で、思考停止を起こしている研究分野もあるのではないかと感じております。

これらの研究者の方々の意見には、「リーダーシップとういものは何であるか。」という面があまり議論されていないようにも思えるため、私は実際に「小泉元首相のような人」、「カルロス・ゴーンのような人」などとイメージし、そのようなリーダーを待望することで終わってしまいます。

「リーダーシップ」とは、人間の他律的な面をマネジメントするための手法なのでしょうか?
もし「手法」であれば、標準化して誰もが学ぶことができるものとすることができると思います。

しかし、私は、菊澤先生の言葉にあるような「人間の自立的な面」を呼び起こすことができる人のようなものであると感じています。
そうなると、標準化できるようなスキルであるとはイメージし難くなります。

あえて表現するとしたら、「徳の高い人」とでも言えるかと思いますが、そのしますと「徳」とは何か・・?という議論になり、終わりがありません・・。

私は、「組織文化」「リーダーシップ」というものは重要でると感じており、日々考えておりますが、いつも、思考停止にぶつかり悩んでしまいます。このような議論については、まだ明確な回答は持っておりませんが、いつか、解決したいと思っております。

不明瞭なコメントで申し訳ありません。


佐藤様
コメントありがとうございます。

大変、貴重な意見ですね。上記の佐藤さんの考えに賛成ですね。

私は、リーダーシップとういうのは、「人間の自立的な面」「自由意志」を呼び起こすことができる人だと感じています。(福澤諭吉は「リーダーシップ」を「先導」といっていたようですが・・・?すみません、この福澤情報は正確ではありません)

これを、カントの言葉でいうと、「啓蒙」という言葉になります。つまり、リーダーがリーダーシップを発揮することとは、まだ自分の自由意志を使うことのできない、他律的な部下に彼らの中にも自由意志があり、勇気をもってそれを使うことを教えることなのです。

これと関連したこと、次にブログで書きたいと思いますので、そちらも読んでください。


菊澤先生ご回答ありがとうございます。

「他律的な部下に彼らの中にも自由意志があり、勇気をもってそれを使うことを教えること。」
なるほど、このようなことが「カント的人間関係」をもたらす一つの方法となると考えますと、より「カント的人間関係」について理解するためのイメージが深まると思います。

次のブログも楽しみにしております。


最近、企業の情報システムのユーザー(多くは情報システム部門)の集まりで次のような提言がありました(本来は提言者のお名前を書くべきですが、私自身はレジメを読んだだけであり、個人情報保護との関係が不明なため省略させていただきます)。「「命令違反」が組織を伸ばす」を読ませていただき、「ピラミッド型社会からネットワーク型へ」という議論を含めて同じことを言っているのかな、時代は変革しつつあるのかなと思いました。

■顧客第一主義から顧客中心主義へ
・ソリューション・ビジネスにおいて、お客が言うことが正しいとは限らない。
・ならば表面的な要求事項よりも、核となるニーズがより良い形で実現するよう努力すべき。
■顧客第一主義
・お客のことを第一に考え、顧客要望実現に向けて最大の努力をする。
■顧客中心主義
・お客の要望を素直に受け止めた上で、「顧客は何を望んでいるのか?」を分析する。
・要望を実現するための効率的・効果的提案を行い、解決策を実行する。
・個別の顧客要望に応える解決策を提供する。

そういえば以前、私が勤務していた会社に中国人が入社し、しばらくしてこんなことを言っていました。「日本の上司は仕事を割り振るときに、本人の希望を聞かないのですね」。彼がどのような経歴なのかは不明ですが、日本人として反省する必要があるなと感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『命令違反が組織を伸ばす』のカント的人間関係についての注釈:

» 人生を掃除する人しない人   桜井 章一,鍵山 秀三郎 [自己啓発書の読書評]
桜井章一さんと鍵山秀三郎さんの共著、 両名ともそんなに有名人ではない、 しかしながらカー用品のイエローハットの創業者の鍵山秀三郎さんと と言えば理解できる方が多いと思います。 ... [続きを読む]

« 『命令違反が組織を伸ばす』のブログNO2 | トップページ | 『命令違反が組織を伸ばす』に関するブログNO3 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31