慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月 3日 (火)

経営学の基本命題2:経営学入門3

 やっと、本の原稿を提出したので、そのヒマを利用して、経営学入門の続きを久しぶりに書きたいと思います。

経営学の基本命題は、以下の二つだといいました。

(経営学の命題1)所有(株主・資本家)と支配(経営者)の分離(巨大企業)

(経営学の命題2)企業の目的は非利益最大化

 この二つの命題が経営学に存在意義を与えているのだ。これに対して、新古典派経済学の命題は以下のようになり、経営学は経済学から独立できる可能性があるのだ。

(経済学の命題1)所有と支配の一致(企業家企業)

(経済学の命題2)企業の目的は利潤極大化

 以上のような二つの命題を経営学の基本とすると、企業経営をめぐってどのような問題領域が生まれてくるのか。

(1)コーポレート・ガバナンス分野

 所有と支配が分離し、しかも企業経営者は利潤極大化しようとしないので、経営者の不祥事が起こり、コーポレート・ガバナンス問題が生まれてくるのだ。いかにして、企業を統治するのか。このコーポレート・ガバナンス問題が経営学の重要な領域となる。この領域は、企業の社会的責任論(CSR)、コーポレート・ファイナス、企業価値にも関連する。

(2)経営戦略論分野

 所有と支配が分離するような大企業は、株主以外にもたくさんの利害関係者(ステークホルダー)に囲まれることになる。経営学では、利害関係者のことを「環境」と呼ぶが、企業経営者はこのような「環境」に適応することなくして、生存することはできない。いかにして、環境に適応するか。このような戦略論的問題が経営学の重要な領域となる。

(3)経営組織論分野

 所有と支配が分離するような大企業では、所有と支配が一致するような中小企業では発生しなかった組織デザイン問題や組織構造上の様々な問題が発生する。いかにして、このような組織問題を解決するか。このような経営組織論的問題が経営学の重要な領域となる。

 以下、上記の(1)(2)(3)の各論領域へと議論が展開されることになる。昔は、管理会計分野(財務分析+損益分岐点など)なども経営学の一領域だったのだが、最近は経営学者が勉強不足のせいか、排除される傾向があるのは残念。

続く

2007年7月 1日 (日)

イライラ駅

 以前、「イライラ通り」というテーマで、立教大学の話をした。この同じようなことが、中央大学多摩キャンパスでもいえるので、少し書いてみたい。ちなみに、現在、私は中央大学で非常勤講師をしている。

 中央大学は、「中央」大学なのに、中央にはなく、田舎の多摩にある。田舎の多摩にあるので、都会の大学とは違い、さぞのんびりと、ゆったりとしていると思う人も多いだろう。

確かに、キャンパスは広く、白く、広々として、自然も豊かで、春には明らかに桜を見に来きたと思われる人たちと出会う。

周りには何もない。中央大学の校舎だけだ。それにもかかわらず、校舎に「中央大学」と書いてあるのは、こっけいなくらいだ。<<ここには中央大学しかないだろう>>といつも心の中で思う。

しかし、現実はそんなに甘くないのだ。

 私は、いつも2時間目に授業し、昼を食べて、3時間目に授業を終えて帰る。最近、わかってきたのだが、学生もまた授業にでて、授業が終わったら帰る。多分、中央大学の学生は、数万人はいると思う。

 以上のことから、みなさんは何が起こるか予想することができるだろうか。

 みんなで授業にでて、授業が終わったら、みんなで帰る。モノレールの駅が爆発するのだ。駅だけが、大都会なのだ。イライラ駅なのだ。

 ひどいときには、学生が多くてモノレールのプラットホームに降りることすらできない。こんなとき、心の中で、中央大学の学生に対して、

<<大学に残って、何かすることはないのかあ・・・・・・・、授業以外に大学で楽しいことはないのかあ・・・・・・・・、遊ぶところはないのか・・・・・・・・・、そうか、ないか~~、ここは田舎か~、遊ぶ場所もないか~~>>

中央大学の学生が資格試験に強いのも理解できる。

私は、多摩の風景などみている余裕などまったく無いが!!!!!

 

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30