慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« もっと学生を信頼しないと・・・ | トップページ | 栄枯盛衰 »

2006年8月29日 (火)

『業界分析 組織の経済学』中央経済社

やっとでました。!!!!!!!!

★★★★65730_1★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

  『業界分析 組織の経済学』(中央経済社)
   ―新制度派経済学の応用―

  

  慶応義塾大学教授  編著者 菊澤研宗

「新制度派経済学」をどのようにして現実に応用するのかに関心のある方は、ぜひ一読してください。

●(紀伊国屋) http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-FAUTH=%8B%65%E0%56%8C%A4%8F%40++++++++++++++++++++++++++++++++&HITCNT=020&RECNO=1

●(e本) http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/List?cnt=2

●(楽天) http://item.rakuten.co.jp/book/4119305/

●(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/%696d%754c%5206%6790%7d44%7e54%306e%7d4c%6e08%5b66-%65b0%5236%5ea6%6d3e%7d4c%6e08%5b66%306e%5fdc%7528/dp/4502657301/sr=1-1/qid=1156839564/ref=sr_1_1/250-8250760-0785039?ie=UTF8&s=books

●(八重洲ブックセンター)(「組織の経済学」で検索してください) http://yaesu-book.jp/netshop/index.cgi

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

本書は、経営学や経済学分野で急速に発展してきた「新制度派経済学」あるいは「組織の経済学」と呼ばれている新しい理論的アプローチ(取引コスト理論・エージェンシー理論・所有権理論)を用いて、日本の様々な業界の組織や戦略を分析することを目的としている。各業界内の日本企業が、どのような課題にさらされているのかが明らかになる。

本書の目的、理論、構成
第1部 オールド・エコノミーをめぐる新制度派経済分析(マス・メディアの比較制度分析;化学工業におけるイノベーションの取引コスト理論分析;酒類業界の組織戦略をめぐる比較制度分析)

第2部 ニュー・エコノミーをめぐる新制度派経済分析(コンサルティング・ファームの比較制度分析;ヘッジファンドのエージェンシー理論分析;ベンチャーキャピタルをめぐるエージェンシー理論分析)

第3部 最新の動きをめぐる新制度派経済分析(ナレッジ・マネジメントの取引コスト理論分析;企業の情報システム化をめぐる比較制度分析;コーポレート・ガバナンスの所有権理論分析)

多元論的マネジメントに向けて

« もっと学生を信頼しないと・・・ | トップページ | 栄枯盛衰 »

6)菊澤の著書の説明」カテゴリの記事

コメント

 この本、買いました。率直な感想ですが、読みやすかったです。そして、執筆者の方々の原稿のプロトタイプをいくつか知っているだけに、改善されている点が分かって面白かったです。
 
 追申:経哲の全国大会には、「予算の関係上」「原稿の締め切りの関係上」等の理由で出れませんでした。そんなわけで、学会での様子を、このブログで公開していただければ幸いです。

佐々木さんへ
菊澤です。

 早速、本を買っていただき、感謝しております。「読みやすい」という言葉は、大変うれしい評価です。この分野に関心のある方々に、ぜひ読んでもらいたいと願っています。

 学会の様子については、また報告したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『業界分析 組織の経済学』中央経済社:

« もっと学生を信頼しないと・・・ | トップページ | 栄枯盛衰 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30